スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

薬害エイズの二の轍を踏まなければいいが

米国産牛肉、輸入再開で合意
 米国産牛肉輸入問題に関する日米両政府の局長級によるテレビ電話会談が21日午前、前日に引き続き外務省で行われ、BSE(牛海綿状脳症)の特定危険部位の混入発覚で今年1月から輸入停止となっていた米国産牛肉を輸入再開することで正式に合意した。
 日米両政府は、輸入再開の条件として日本側が米国内の日本向け牛肉処理施設に検査官を派遣して、事前の査察を行うことなどで一致した。

 政府は今月中に検査官を米国の日本向け牛肉処理施設に派遣して査察を実施する方針で、問題がなければ、米国産牛肉は7月末にも日本国内の店頭に並ぶことになる。米国政府や議会から早期輸入再開を求める声が出ていた。米国内からは日本が早期輸入再開を実現しない場合には、日本産牛肉の輸入を停止するとの報復法案が提出されるなどしていた米国産牛肉問題は、今月29日の日米首脳会談前に決着することになった。

 会談終了後、バーマン駐日担当公使は記者団に対して「一定の成果が得られたことは喜ばしいことだ」と述べ、合意を歓迎する意向を示した。

 日本政府は、BSE感染牛が初めて確認されたことを受けて平成15年12月に米国産牛肉の輸入を停止し、昨年12月に輸入再開を決定したが、今年1月20日に成田空港で特定危険部位の脊柱が混入しているのが分かり、輸入を再び停止していた。
(06/21 12:31)

 何だか、政治的決着臭い・・・首脳会談の手土産かよっと思ってしまう。
韓国が査察した米国施設でダメ出した中に日本向け施設が入っていたとか。
カナダ産の牛肉が混じっているとか何とか言って。

農水省の査察は大丈夫なのか?昨年末の再開時には、再開ありきで、たしか査察が後回しになっていなかったか?

 加工食品になるとどこの国の牛肉だかわからなくなるのが怖い。
せめてトレーサビリティを加工食品まで拡げて、厳密に産地表示するようにしてほしい。
 あとは消費者の選択なのだから、公平に帰すると思うのだが。
posted by: Nanyasore | 安全保障(食) | 16:51 | comments(6) | trackbacks(0) |

全頭検査を認めないのは不当

「全頭検査認めないのは不当」 米牛肉輸出業者、農務省提訴へ
 【ワシントン=気仙英郎】米カンザス州の食肉加工業者、クリークストーン・ファームズは22日、日本向けに輸出する牛肉のBSE(牛海綿状脳症)に関する自主的な全頭検査を、農務省が拒否しているのは、消費者の利益を無視しているなどとして、同省を相手取って提訴する方針を明らかにした。

 同社は声明で、「わが社は自主的に全頭検査を実施することが米国の牛肉に対する信頼性を高めることになると信じている。われわれは、カンザス工場でのBSE検査を求めるアジアの消費者の声を聞いている。われわれは、この消費者の要請を受け入れたい」と自主検査の重要性を強調した。

 同社は2004年4月にBSEの自主的な全頭検査の承認を農務省に要請。同省は、BSE検査が「(輸出目的ではなく)動物の健康状態の監視を目的としている。全頭検査は消費者に安全面を強調することになるが、科学的な根拠がない」として、全頭検査を拒否した。
(03/23 09:06)

私が疑問に思っていた点がまさにこれ。
全頭検査できる企業から輸出再開すればいいのにという素朴な疑問。

 「自由の国アメリカ」が幻想だと言うことがこれでおわかりでしょう。
アメリカの食肉大手が全頭検査ができないので、中小にも圧力が掛かっているのです。しかも、その理由に挙げるのが「科学的な根拠がない」とは聞いて呆れます。
 今に自国民にヤコブ病が蔓延してしっぺ返しを受けるに違いない


 日本に対して米牛肉全面禁輸が不当というのなら、自国内の全頭検査をすると言っている企業にも全面禁輸という不当はどうなんだ!!
posted by: Nanyasore | 安全保障(食) | 09:59 | comments(5) | trackbacks(0) |

すごむライス、いや米

全面禁輸「過剰」と批判 牛肉問題で米国務長官
 麻生太郎外相は18日、オーストラリア・シドニーでライス米国務長官と日米戦略対話を行った。ライス氏は、牛海綿状脳症(BSE)問題により米国産牛肉の輸入全面停止を続けている日本政府の対応を「過剰」と強く批判した上で、早期の輸入再開を要求。麻生氏は米側の検査体制への疑問を理由に慎重に判断する方針を重ねて表明した。

 ライス氏はこの日の会談で「(米国産牛肉)全体の輸入手続きを停止した対応は過剰ではないか」と主張。これに対し、麻生氏は「民間施設の問題に加え、米農務省のチェック機能に疑問が生じている。日米が合意した処理システムの信頼性への疑問払拭(ふっしょく)が不可欠だ。そうでなければ米国産牛肉は日本の消費者に受け入れられない」と反論した。

 両氏は在日米軍再編の最終報告について当初方針通り3月中のとりまとめを目指すことを確認。ただ外務省の説明では、最終報告を決定するため閣僚級の日米安全保障協議委員会(2プラス2)を行うか否かについての協議はなかったという。

 麻生氏は日本が目指す国連安全保障理事会常任理事国入りに重ねて支持を要請。ライス氏は「真剣に考えたい」と述べるにとどまった。中国に関しては、経済成長を「大きな機会」と歓迎する一方「軍事費、国防関係では不透明性がある」との認識で一致。イラク新政府樹立へ向けた支援での協力も確認した。(共同)

 最近特に人相が悪くなったライス国務長官が、また日本に脅しをかけてきています。
 麻生さんは、きっぱりとお断り。
これ程きっぱり言えるのは、日本国民の食に対する懸念が強い世論となって政府を後押ししているからに違いありません。

 教育基本法改正、憲法改正、自虐史観払拭も世論を喚起して、粛々と行えるようにしたいものですね。

【関連記事・追記】

脊柱混入は「特異な例」重ねて強調 BSE米側回答
 厚生労働、農水両省は20日、米国産牛肉の牛海綿状脳症(BSE)対策をめぐる日本側の質問書に対する米側回答を公表した。米側は輸入停止を招いたBSEの病原体がたまりやすい脊柱(せきちゅう)の混入問題は「特異な例」との見解を重ねて強調、米側の検査態勢そのものには問題がなかったとの見方を示唆した。

 回答は、脊柱の混入を見逃した米側検査官は「食品安全に関するすべての認証について十分に訓練されていた」と指摘。 その上で「輸出プログラムに対する認識が甘かった」と、対日輸出の条件を知らなかっただけ としている。

 さらに脊柱混入は「不適当な商品がただ1つの子牛肉輸出で見つかったことが、牛肉の処理や検査、輸出のシステム全体の弱さを示してはいないと、米農務省は確信している」と、米国の食肉処理システム全体を問題視する日本側の見方を退けた。

 米側は今週中にも専門家を日本に派遣し、今回の回答内容を詳しく説明するとともに、日本側に早期の輸入再開を求める方針。
(03/20 12:38)

 寝言は寝てから布団の中で言いましょう!!

 米側検査官は食品安全に関するすべての認証について
 十分に訓練されていた
  ↓
 輸出プログラムに対する認識が甘かった
  ↓ 
 対日輸出の条件を知らなかっただけ


おいおい、どこが"十分に訓練"されてるというんだ?
私には以下のように聞こえるけど


 米側検査官は食品安全に関するすべての認証について
 ぜんぜん訓練されていなかった
  ↓
 でも日本人は脅せば言うことを聞くから
 輸出プログラムは変更せずにそのままでいこう
  ↓ 
 日本国民の食の安全に対する意識がこれ程までと知らなかっただけ
 でも全頭検査なんてする気はさらさらないけど、とりあえず謝っておくか
  ↓
 もう、問題は無いだろ?
 さっさと輸入解禁しろ!


 ジャイニズム丸出しのおごる米国

 今に痛い目に遭うことになるんじゃないかな。
posted by: Nanyasore | 安全保障(食) | 12:45 | comments(6) | trackbacks(1) |

やはり信用できない米産牛肉

毎日:BSE:へたり牛20頭が食肉処理 米農務省対策監査
 【ワシントン木村旬】米農務省の監察官事務所によるBSE(牛海綿状脳症)対策監査で、米国内の食肉処理施設がBSE感染の兆候とされる歩行困難牛(へたり牛)20頭を原因不明のまま食肉処理していたことが8日分かった。歩行困難牛は食肉処理が禁じられており、米国のずさんな体制が新たに発覚したことで、日本の消費者の不安がさらに高まるのは必至。特定危険部位の混入で再停止された米国産牛肉の輸入の再開時期に影響しそうだ。
 報告書によると、04年6月〜05年4月、監査対象の食肉処理施設12カ所のうち2カ所で計29頭の歩行困難牛を食肉処理。うち、けがなどが原因と確認された以外の20頭は歩行困難の原因が書類に記録されていなかった。
 施設には農務省の検査官がいたが、施設到着時点の目視検査で正常だったため、その後歩行困難になってからの検査を十分に行わなかった。同事務所は、同省食品安全検査局に改善を勧告し、同局は改善を約束した。

 報告書は目視検査について、全頭を対象にすべきなのに、33の食肉処理施設が5〜10%の「抽出検査」にとどめていたことも指摘。ただ、農務省が05年7月に抽出検査中止を指示したため、改善勧告は見送った。
毎日新聞 2006年2月8日 21時33分 (最終更新時間 2月9日 1時17分)

 全頭検査は非科学的なんて言っているけど、ただ単にアメリカの管理が杜撰(ずさん)なだけで、検査できない(いや、する気もないかも)から難癖つけているだけだろうと勘ぐってしまう。

 日本の世論が硬化するから、輸入再開はこれでしばらくは遠のくだろうけど、再開されたらどこに米産牛肉が入っているかわからないから、加工品と言えども、トレーサビリティを徹底してほしいと思う。
 加工食品にもどこの国の牛肉か表示するよう法改正してほしいものだ。
posted by: Nanyasore | 安全保障(食) | 12:33 | comments(0) | trackbacks(6) |

恐れていたことが・・・

米国産牛肉、危険部位混入の疑い 成田で発覚
 中川昭一農相は20日の記者会見で、成田空港に到着した米国産牛肉に、牛海綿状脳症(BSE)の病原体がたまりやすい特定危険部位の脊柱(せきちゅう)が混入している疑いがあると発表した。農相は「重大な問題と考えている」と懸念を表明。混入の事実が確認されれば、12月に再開したばかりの米国産牛肉の輸入を、該当する食肉処理施設について再び停止する意向を示した。

 米国産牛肉の対日輸出は、BSE問題の発生に伴い2003年12月に停止。05年12月に、脳や脊髄(せきずい)などの特定危険部位の除去や生後20カ月以下の牛に限ることを条件に、再開されたばかりだった。(共同)(01/20 18:30)

 やはり、アメリカ人って、輸出するものはどうでもいいらしい。
輸出する柑橘類には、防かび剤を必要以上に振りかけるし・・・。

 再度、輸入禁止にすべきではないのか?

アメリカ産牛肉は買うつもりはないが、店屋物や加工したものには入っていても表示がないので、どうしようもない・・・┐(´Д`)┌
 国防どころか、食の安全保障も危うい国・・・日本。

【追記】
早速、全面輸入停止になりましたね。
でも、再開するのなら厳しい条件を付けるべきかと思います。
そして、水際で全量検査するぐらいで望んでほしいものです。
これも、アスベストと同じように遅効性だから、非常に怖いですね。
posted by: Nanyasore | 安全保障(食) | 19:09 | comments(2) | trackbacks(1) |

BSE汚染牛肉がすぐそこに迫ってくる

支那そば、キムチネタに飽きたので、牛肉ネタを。

米国産牛肉、7月までの輸入再開に強い期待…農務長官
 【ワシントン=広瀬英治】マイク・ジョハンズ米農務長官は11日、日本が米国産牛肉を輸入停止している問題について、7月に日米政府が輸入条件の再協議を予定していることを踏まえ、日本の輸入再開が「それ(7月の会合)よりも早くなることを希望している」と述べ、7月までに日本が輸入再開することに強い期待感を示した。

 ワシントン市内で記者団に語った。

 ただし、長官は「われわれは期限を設けてこなかったし、日本に輸入再開の時期を明示してほしいと言っているだけだ」とも述べ、日本の自主的な努力を尊重する姿勢も示した。

 外圧掛けまくられて、どうなる日本の食の安全保障は?
農務長官の言い方だと、7月までに決着つけろ!と言っているようなもの。

ところで、今日の「おはよう朝日」を見て愕然とした。
アメリカの肉がメキシコ経由で入っているという疑惑の特集をしていた。
メキシコからの牛肉の輸入は、平成15年はわずか0.2トン、昨年は千七百数十トンと急増しているとのこと。 EUによると、汚染度はメキシコもアメリカ同様、レベル靴蕕靴ぁ
検査もほとんどされていないらしい。
内臓も大量に入ってきているらしい。
その番組内で、コメントしていたのが民主党の山田正彦衆議院議員。関連内容は→ここ (06/03/13リンク切れ修正)

【独り言】
メキシコ産って書いてある牛肉は買わないでおこう。
朝日と書いてある新聞、雑誌は買わないでおこう。
アサリはしばらく食べないでおこう。
パチンコには行かないでおこう。
でも、毎日、寒流ネタ満載の「おはよう"朝日"」を見ている俺って・・・orz
posted by: Nanyasore | 安全保障(食) | 14:47 | comments(0) | trackbacks(5) |