スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

遺族会会長を即刻辞任しろ

昭和天皇発言メモ、疑問の声「許せぬ」…自民・古賀氏
 自民党の古賀誠・元幹事長(日本遺族会会長)は30日のテレビ朝日の番組で、昭和天皇が靖国神社のA級戦犯合祀(ごうし)に不快感を示したとされるメモが見つかったことについて、「大御心(おおみこころ)に胸を打たれた。私だけでなく遺族の気持ちだと思う。 (メモが偽物という)とんでもない議論があるのは許せない」と述べた。

 その上で「(A級戦犯の)分祀(ぶんし)が出来ないなら、他に国民のすべてが(靖国神社に)尊崇の念を持てる施設にするには何かを考えなければならない。そのためには無宗教化があっていい」と述べた。
(2006年7月30日21時53分 読売新聞)

 日本遺族会会長という立場をわきまえないわ、捏造&プロパガンダ満載の南京大虐殺記念館に行くわ、与党自民党の国会議員という見識はお前にはないのか?
 お前の存在自体が許せない!!

とんでもない議論だという前に、あのお言葉が先帝陛下のお言葉だと決めつけている"根拠"を示せ! 日経からメモ全部を見せてもらって、精査したのか?
posted by: Nanyasore | | 22:22 | comments(0) | trackbacks(1) |

どうやら日経の捏造のようですね

2ちゃんねらーの努力により、どうやらメモの前後関係から

あの発言の張本人は「徳川侍従長」のようです。

詳しくは、坂眞さんのブログ「依存症の独り言」をご参照下さい。

 問題は、
1 各マスコミの未検証での垂れ流し(殆ど日経と共犯と言ってもいい)
2 あの朝日のはしゃぎっぷり(1日でトーンダウンしてやがるw)
3 国民に刷り込まれた"デマ"をどうフォローするか?

1については追々、各マスコミに反省してもらうとして、
2はNHK問題で前科もある凶悪な「確信犯」だから、さらに攻撃されるのでそのまま放置、
一番の問題は、3ではないかと。

今回の報道を見ていると、まず「A級戦犯ありき」で報道されている点が問題かと。国民全体に自虐史観を再確認させているようで非常に不愉快だ。

 私は当然、「日本国内にA級戦犯などいない」という立場をとる。
東京裁判など絶対に認めない。
稲田弁護士(現衆議院議員)の「東京茶番」という言葉がピッタリの学芸会だ。いや、「東京リンチ」と言った方がいいかも知れない。

 今、小林よしのり著 いわゆる「A級戦犯」 を読んでいる。
 東条英機の項で、思わず涙してしまった。

東条英機がスガモプリズンで元側近の佐藤賢了に語った言葉。

「敗戦により国家と国民とが蒙った打撃と犠牲に比べれば、僕が絞首台に上がるごときは、むしろもったいない。 」

「八つ裂きにされてもまだ足りない。」

「君が生き残っても、僕についてはすこしも弁解してくれるな。」

「僕はただ絞首の辱めを受けるだけでなく、永遠に歴史の上に罵りの鞭を受けなければならないからである」

 日本に戦争責任などないと言い張り、陛下を守り、そして敗戦の責任と誹りを一身に受けて絞首台へと消えていった・・・・
 その死をもって償った、もう、十分でしょう・・・

それのみならず、全会一致のA級戦犯赦免の国会決議、4000万人をこえる国民署名運動を日本国民は知らないのか?

これを機に、北朝鮮ミサイル乱射事件の時の制裁論議のように、A級戦犯とは?、東京裁判とは一体何だったのか?、という議論が活発にされることを願って止まない。

posted by: Nanyasore | | 11:54 | comments(16) | trackbacks(4) |

日経がいきなり・・・?

昭和天皇、A級戦犯靖国合祀に不快感・元宮内庁長官が発言メモ
 昭和天皇が1988年、靖国神社のA級戦犯合祀(ごうし)に強い不快感を示し、「だから私はあれ以来参拝していない。それが私の心だ」と、当時の宮内庁長官、富田朝彦氏(故人)に語っていたことが19日、日本経済新聞が入手した富田氏のメモで分かった。昭和天皇は1978年のA級戦犯合祀以降、参拝しなかったが、理由は明らかにしていなかった。昭和天皇の闘病生活などに関する記述もあり、史料としての歴史的価値も高い。 (07:00)

 今朝、あの「朝ズバ!」朝刊興味新新のトップでやってました。
フリップに原文のまま書き起こしてましたが、メモの前後とか、走り書き風でよく分かりませんでした。

 日経の朝刊トップとのこと。(ナゼいま頃出すのか?小泉さんの8.15参拝に対する当てつけか?)

 非常に興味があるのですが、情報が少ないので、とりあえず追記という形でフォローしていきます。


【追記】
産経: 昭和天皇、靖国のA級戦犯合祀に不快感
≪元宮内庁長官、発言メモ書き残す≫
昭和天皇が靖国神社のいわゆるA級戦犯合祀に不快感を示していたことを示すメモが表に出たことについて、安倍晋三官房長官は20日午前の記者会見で、「政府としてコメントする事柄ではない」と述べた。だが、自民党内は現在、戦没者の追悼をめぐって、A級戦犯分祀(ぶんし)論、国立追悼施設の建設や千鳥ケ淵戦没者墓苑の拡充論など百家争鳴状態にあり、波紋が広がるのは間違いなさそうだ。

 政府は、小泉純一郎首相の靖国参拝に関しては「首相自身が判断するもの」(安倍長官)との姿勢だが、首相の参拝に反対する勢力が、今回のメモ発見を利用し、勢いを増すことも想定される。またメモ発見が、首相の靖国参拝に反対している中国の高官が、「A級戦犯分祀論」を唱える自民党の古賀誠元幹事長に賛意を示したばかりというタイミングの問題もある。

 ただ9月の自民党総裁選に向けて「公になった言葉ではなく、非公式な会話メモで判断するのは、昭和天皇の『政治利用』につながりかねない」(百地章・日大教授)との懸念も出ている。

 政府筋は「(故・富田朝彦宮内庁長官のメモだけでは)昭和天皇が本当に不快感を示すご発言をしたかどうかは、誰も分からないだろう」とも指摘する。

 また、仮に内心がどうであれ、昭和天皇も現天皇陛下も春秋の例大祭には靖国に勅使を派遣するなど、靖国重視の姿勢を示し続けてこられた事実は重い。靖国の現宮司の南部利昭氏は就任に際して「天皇陛下から『靖国のこと、よろしく頼みます』と直接、言われている」(関係者)ともいう。

 今回のメモ発見でも、「戦没者追悼の中心施設は靖国」(小泉首相)という事実には何ら変わりはない。

 ■「政治利用」に懸念も

 昭和天皇が昭和63年、靖国神社のA級戦犯合祀(ごうし)について「あれ以来参拝していない。それが私の心だ」などと不快感を示されたとする当時の宮内庁長官、富田朝彦氏(故人)のメモが残されていることが20日、分かった。昭和天皇は50年以降、靖国神社を参拝されていない。A級戦犯合祀は昭和53年。

 関係者によると、富田氏は昭和天皇のご発言などを手帳などに書き留めており、63年4月28日付で靖国参拝に関するメモが残っていた。昭和天皇が「私は或(あ)る時に、A級が合祀され、その上、松岡、白取までもが」「だから私(は)あれ以来参拝していない。それが私の心だ」などとお話しになったとしている。

 「松岡」「白取」はA級戦犯として祭られている松岡洋右元外相、白鳥敏夫元駐イタリア大使を指すとみられる。

 ほかに「筑波は慎重に対処してくれたと聞いたが。松平の子の今の宮司がどう考えたのか、易々(やすやす)と。松平は平和に強い考(え)があったと思うのに、親の心子知らずと思っている」などの記述もあった。

 「筑波」はA級戦犯の合祀をしなかった筑波藤麿・靖国神社宮司(故人)、「松平」は最後の宮内大臣の松平慶民氏(同)、その「子」は長男でA級戦犯合祀をした当時の松平永芳宮司(同)とみられる。

 富田氏は昭和53年から63年まで宮内庁長官を務めた。
【2006/07/20 大阪夕刊から】 

 (07/20 16:00)

 うーん、腑に落ちませんね。A級戦犯として裁かれた者に責任を押しつけて、天皇自らには戦争責任はないと仰られているようにも取れる内容ですね。
 もしそうだとするなら、マッカーサーと対面したときに、自らの命は投げ出して、国民を守ろうとした話は何だったのかと少し疑問が出てきます。

もう少し議論が必要なのかも知れません。

先日、徳富蘇峰が昭和天皇を批判していたという記事があったので資料として挙げておきます。


読売: 蘇峰「未公開日記」で昭和天皇の戦時姿勢を批判
 戦前の言論界の重鎮で、国粋主義の立場から戦争を鼓吹した評論家の徳富蘇峰(1863〜1957)が終戦直後に残した未公開日記の内容が10日までに明らかになった。

 昭和天皇の「敗戦責任」を問うなど国家主義者としての一徹ぶりが随所にうかがえる内容で、21日に講談社から刊行される「徳富蘇峰 終戦後日記」で一部が公開される。

 「頑蘇(がんそ)夢物語」と題した日記の日付は終戦3日後の1945年8月18日から47年7月2日まで。

 秘書による口述筆記で、B5判の和紙に1ページ原則22字12行で書き込まれ、計3918ページに及ぶ。その存在は研究者の間では知られていたが、今回の出版は遺族の承諾を得て初めて実現。14分冊のうち46年1月13日までの記載がある最初の5冊が公開される。

 内容は戦争の敗因を論ずるものが中心だが、とりわけ注目されるのは天皇の責任に再三触れている点。

 45年9月2日の項では「戦争に一貫したる意思の無きこと」が敗因だったとした上で、「今上陛下の御親裁と、明治天皇の御親裁とは、名に於て一であるが、実に於ては全く別物である」と戦争指導に後ろ向きだった昭和天皇を明治天皇と比較しつつ批判。また、同4日には「御自身を戦争の外に超然として、戦争そのものは、その当局者に御一任遊ばされる」姿勢が「敗北を招く一大原因となった」とも語っている。

 刊行本に解説を寄せた御厨貴東大教授(日本政治史)は、「右派の蘇峰が天皇に相当な不信感を抱いていたというのは注目すべき事実。戦争責任をめぐる近年の議論にも影響を与えるのでは」と話している。

(2006年7月11日3時4分 読売新聞)
posted by: Nanyasore | | 11:13 | comments(7) | trackbacks(11) |

当たり前のことなんだけど

産経: 「米、参拝干渉せず」 シーファー駐日大使
 米国のシーファー駐日大使は24日、「日米フォーラム」に出席し、小泉純一郎首相の靖国神社参拝について、「参拝するかどうかは日本が決めることで、米国やその他の国々がとやかくいうことではない」と述べ、米国は干渉すべきではない、とする従来の姿勢に変化はないと強調した。
 同大使は、「東アジアでは、二つの大国(日本と中国)の並立という前例のない現象が起きつつある。靖国問題を抜きにしても、不安や緊張の高まりはあり得る」と述べた上で、このような状況に安定をもたらす日米同盟の重要性を強調した。

 また、「日米関係は非常に良好だが、米中関係も改善されている。ある外交関係の改善は、別の外交関係を犠牲にしなければ達成できないということはない」と述べた。
(05/25 08:39)

参拝するかどうかは日本が決めることで、米国やその他の国々がとやかくいうことではない

 外国の大使に言われなくても当たり前のことなんだけど、外交カード化しようとしている特定アジア(中、南北朝鮮)には通用しないんですよね。
 もう、そのカードは全然効き目がないんだけど、日本の一部反日マスゴミが未だに特定アジアに御注進記事を書いてるから、なかなか日本人自身の洗脳が解けない・・・東京裁判をはじめとするGHQの洗脳から・・・。

 早く教育基本法を改正して、憲法を改正しようよ。マジで。

8/15の小泉さんの靖国参拝が注目されつつあるけど、戦没者は先の大戦だけじゃないので、春と秋の例大祭に昇殿参拝すべきと思うんだけどね、私は。
posted by: Nanyasore | | 09:48 | comments(0) | trackbacks(2) |

本当か?アサピー

朝日:靖国問題「日本のためにならない」 米元国防次官補代理
2006年05月24日01時13分
 クリントン政権で国防次官補代理を務めたカート・キャンベル米戦略国際問題研究所(CSIS)上級副所長は23日、都内でのシンポジウムで小泉首相の靖国参拝問題について「今起こっていることは日本のためにならない、ということで専門家の意見は一致している」と懸念を示した。

 キャンベル氏は、靖国問題に対する米国の対応について(1)関与すべきでない(2)「憂慮している」と伝えるべきだ、と研究者の間で両論があることを紹介。「ASEAN(東南アジア諸国連合)の多くの国が私に『何で米国は日本を非難しないのか』と言う。克服すべき問題だ」と語った。

 国防次官補代理って、日本じゃどのぐらいの身分なのだろう?審議官クラス? なんか低くないですか?
 しかも、元クリントン政権って、・・・┐(´ー`)┌

 支那のロビー活動の一環ですか?笑

で一番気になったのが、
>ASEAN(東南アジア諸国連合)の多くの国が私に
>『何で米国は日本を非難しないのか』と言う。克服すべき問題だ

 ASEANの多くの国って、具体的にどこよ?
本当に、シンポジウムで言ったのか?アサピー(疑いの眼)

(参考)アセアン10ヶ国
  インドネシア、シンガポール、タイ、フィリピン、マレーシア、
  ブルネイ、ベトナム、ミャンマー、ラオス、カンボジア

posted by: Nanyasore | | 10:47 | comments(2) | trackbacks(0) |

小沢党首になっても相変わらずの民主党か?

小沢代表、首相の靖国参拝を批判…A級戦犯合祀に問題
民主党の小沢代表は9日のNHKの報道番組で、小泉首相の靖国神社参拝問題について「小泉氏の(参拝で)は駄目だ」と批判した。

 その理由として、「俗にA級戦犯と言われる人たちは戦争で死んだわけではない。日本の国民に対し戦争を指導した大きな責任があり、本来靖国神社に祭られるべきではない」とA級戦犯の合祀(ごうし)に問題があることを挙げ、「戦争で亡くなった人たちの御霊(みたま)を守る本来の靖国神社の姿にかえり、天皇も首相もちゃんと参拝すればいい」と述べた。
 来年の参院選に関しては、「参院選で与党側の議席の過半数割れを何としても実現する。そうすれば、与党は片側(だけの過半数)になる。『ポスト小泉』がだれでも大して変わらない。我々がしっかりすれば、国民は支持してくれる」と語った。
(2006年4月10日10時29分 読売新聞)

 「・・・戦争で死んだわけではない」って、戦争を「戦闘」と取り違えていないか?
 確かに戦闘では死んでいないが、まさしく戦争で殺されたんじゃないのか?極東軍事裁判所条例という"事後法"の「平和に対する罪」で、連合国にリンチにされたんだろ。戦争で亡くなったんだよ。

 それに「日本の国民に対し戦争を指導した大きな責任」って言うが、その後、国会か裁判所で、"A級戦犯"と呼ばれる人達が糾弾・断罪されたか?
むしろ、
 1952年6月9日参議院本会議「戦犯在所者の釈放等に関する決議」
 1952年12月9日衆議院本会議「戦争犯罪による受刑者の釈放等に関する決議」
 1953年8月3日衆議院本会議「戦争犯罪による受刑者の赦免に関する決議」
 1955年7月19日衆議院本会議「戦争受刑者の即時釈放要請に関する決議」

がされているぞ。
 処刑された者だけが責任があるとでも言うのか?
 自存自衛の戦争を指導したら罪に問われるのか?
馬鹿も休み休みいってほしいな。

 支那に組みする小沢民主党なんか信頼できないし、支持なんてできるかよ!

【関連】
 朝日:小沢氏、「靖国に戦争指導者をまつるべきでない」と発言
2006年04月10日12時05分
 民主党の小沢一郎代表は9日、NHKの番組に出演し、首相の靖国神社参拝自体については「賛成だ」とする一方で、「小泉さんの(やり方)はだめだ。戦争を指導した人たちは靖国に本来祀(まつ)られるべきではない。戦争で亡くなった御霊を祀る本来の靖国神社に帰すべきだ」と述べた。しかし、具体的にどうすべきかについては、番組後記者団に「政権を取ったらすぐやる、そのとき教える」と明言しなかった。

 小沢氏は、靖国神社参拝について「天皇陛下にも行っていただきたい」とした。そのうえで戦争指導者が祀られていることについては「 (極東軍事裁判での)A級戦犯という言葉は認めない。勝った国が勝手に裁判したからだ。しかし、日本国民に対して戦争を指導した大きな責任がある」とした。

A級戦犯という言葉は認めない。勝った国が勝手に裁判したからだ。」
 小沢代表はこういうことも言っていたのか。その点は評価できるね。
しかし、その後に続く戦争責任については、上にも書いたとおりどうかと思う。
責任があるというのなら、個別具体的にどういった行為がどういう責任を発生させるのか示してほしいものだ。

【追記】
 肝腎なことを書き忘れた。
 前の大戦で被害を受けた最も大きな責任は、アメリカにあるのではないのか?
 日本各地の都市を無差別空爆し、民間人を焼き殺したのはどこの国だ?
 広島と長崎に原爆を落とし、民間人を灼熱地獄と放射能で殺したのはどこの国だ?
 日本の和平交渉を引き延ばすだけ引き延ばし、原爆投下のタイミングを謀っていたのはどこの国だ?
 シベリアに日本兵60万人を抑留し、強制労働させたのはどこの国だ?

 これらの明白な国際法違反も皆、日本の戦争指導者の責任というのか?
 
posted by: Nanyasore | | 12:30 | comments(3) | trackbacks(11) |

麻生さん、やるね

「天皇陛下が靖国参拝なさるのが一番」…麻生外相
 麻生外相は28日、名古屋市で開かれた公明党議員の会合で、靖国神社参拝について「英霊は天皇陛下のために万歳と言ったのであり、首相万歳と言った人はゼロだ。天皇陛下が参拝なさるのが一番だ」と述べ、天皇陛下の靖国神社参拝を実現することが望ましいとの考えを示した。

 そのうえで、「参拝できなくなったのは、(三木首相が1975年に私人を強調して参拝したことに伴う)公人、私人の話だ。解決の答えはいくつか出てくる」と語った。

 首相の参拝に関しては、「外国から言われて決めるのは絶対通ることではない」とし、「靖国問題が終わったら、日中間の問題がすべて解決するわけではない。隣の国なのだから、ある程度緊張感を持ってやっていく以外に方法はない」と述べた。
(2006年1月28日23時46分 読売新聞)

 S学会の政治部員の前で、靖国の話をする麻生さん・・・やるなぁ。

それにしても、今上天皇陛下ご自身がが靖国神社を御親拝されるのはいつの日なのだろうか。
 毎年の例大祭には勅使を送っておられるようだが・・・。
posted by: Nanyasore | | 01:36 | comments(4) | trackbacks(3) |

小泉さん、年頭から全開ですね

首相、中韓外交姿勢を厳しく批判 靖国参拝は「心の問題」
 小泉純一郎首相は4日午前、首相官邸で年頭の記者会見を行い、自身の靖国神社参拝をきっかけに中国、韓国が日本との首脳会談を拒否していることについて「一つの問題で他の交渉を閉ざすべきでない」と述べ、両国の対応を厳しく批判。靖国参拝批判には「外国政府が心の問題に介入して、外交問題にするのは理解できない」と反論した。

 首相は今年9月の自民党総裁任期切れを控え、「改革を続行し、景気回復の軌道をしっかりとしたものにしていく」と改革路線継続の決意を強調。同時に「大方の人が、日本経済が回復の道を歩み始めたと感じる状況になった」と景気回復に強い自信を示した。

 秋の自民党総裁選に関連し、自身の後継候補については「国民からの支持と信頼、国会議員からの協力と信頼の両方が大事だ」と述べるにとどめた。

 首相は公明党との連立に関し「大事にしていきたい」と述べる一方で、民主党についても「安全保障、憲法改正、改革促進で自民党と似たところがある」と指摘、協力関係を進めたい意向を示した。(共同)
(01/04 12:09)

 何度も何度も言ってあげて下さい、靖国はもはや外交カードではないと。

それと、公明党との連立は解消して、民主党右派と大同団結してくれないかな。

 但し、畏れ多いことですが皇室典範改正は拙速だと思いますね、小泉さん。
平成の御代に、1年間の有識者だけの議論で、皇室の伝統、しいては日本の伝統を壊すのは如何なものかと思います。
 個人的な意見としては、「女性天皇」については全く問題ないと思いますが、「女系天皇」には反対です。


【関連記事】
早速、かの国が反論になっていない反論をしてます。笑

「正確な歴史認識を」 韓国外相、年頭の首相発言に反発
2006年01月04日13時03分

 韓国の潘基文(パン・ギムン)・外交通商相は4日の定例記者会見で、小泉首相が年頭会見で靖国神社参拝に対する中国と韓国の批判を「理解できない」などと発言したことについて「日本政府の指導者が周辺国の考えに真摯(しんし)に耳を傾けて正確な歴史認識を持つように願う」と反発した。

 潘外交通商相は、発言の具体的内容は把握していないとしたうえで日本政府は歴史認識に対する正しい立場を持って関係国の信頼を受ける努力が必要だ」とした。

かの国の御約束その1
それは内容を把握せずに延髄反射のように反論するところ。
マンガ嫌韓流の時もそうだった・・・。

 かの国の御約束その2
それは、自分自身にまんま当てはまることを、相手(特に日本)に"投影"して文句を言うところ。日本人からすると、「開いた口が塞がらない」といった反応をすることになる。
 この場合、 
 「韓国政府は歴史認識に対する正しい立場を持って関係国の信頼を受ける努力が必要だ
と、日本を韓国に置き換えると、日本人にはしっくりくる。
 さらに、「正確な歴史認識を持つのは韓国の方でしょう?いつまで韓国国民に捏造された歴史教育をするつもりなんだ?」と突っ込みを入れると一層しっくりとくる
posted by: Nanyasore | | 13:19 | comments(0) | trackbacks(5) |

太郎ちゃんも絶好調です

盧大統領の訪日こだわらず 麻生氏、靖国譲歩に否定的
 麻生太郎外相は19日午後、大分県別府市で記者会見し、韓国釜山で18日に行われた日韓首脳会談で盧武鉉大統領の年内訪日が確定できなかったことに関連して、小泉純一郎首相の靖国神社参拝問題で譲歩してまで実現を図る必要はないとの考えを示した。

 麻生氏は「来てもらうために日本は何を譲るかという話になり、それが靖国の話になるのは果たして正しいか」と強調した。ただ「日本は通常通り声はかける」と述べ、今後も大統領来日の要請は続ける意向を表明。

 新たな国立戦没者追悼施設の建設関連費を来年度予算案に計上すべきだとの意見については「世論が割れている話に税金を使うのは慎重に考えないといけない」と、消極的な姿勢を示した。

 また、日韓間では経済、人的交流がかつてなく高まっていると指摘した上で「両首脳の波長が合わないからといって、すべて具合が悪いわけではない。話を(悪い方向に)広げない方がいい」と述べ、靖国問題が存在しても関係改善は可能との認識を表明した。(共同)
(11/19 18:26)

 やっと、政治家がまともなことを言っても騒がれなくなったのでしょうか。5年くらい前なら、辞任モノかもしれない。

 まぁ、かの国と国交無くても日本は全然困らないから、ファビョって大使でも召還してくれたら、面白いのに。

 それにしても十中八九、首脳会談はあると思う・・・
何故かって? 国益を損なうのは、かの国だけだから。嘲笑

一言忘れてた。来なくていいよ、ヌラリヒョン!どうせたかりに来るだけだろ?
 来るなら、「日韓基本条約」読んでからこいよ。個人賠償を嫌がったのは、お前達「南朝鮮人」だからな!北朝鮮人の分も払ってあるってことも、勉強してから来るんだな。整形酋長さん。

【追記11/22】
ヌラリヒョン北鮮傀儡大統領は、今年はお越しにならないようです。絶対来ると思ったのだが・・・笑

シャトル外交なんて税金の無駄遣いです。来年もこなくていいし、純ちゃんも行かなくていいと思う。
posted by: Nanyasore | | 01:52 | comments(6) | trackbacks(11) |