スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

反日歴史副教材

日韓中、近現代史 共通教材、異なる記述 朝鮮戦争…「解放」と「侵略」
 【ソウル=黒田勝弘】日本、韓国、中国の民間による三国共通の歴史副教材として宣伝されている『未来をひらく歴史−東アジア三国の近現代史』が、朝鮮戦争(一九五〇−五三年)に関する記述などでまったく異なる内容になっていることが明らかになった。「歴史認識の共有」と「同じ内容の本を三国の言葉で同時発刊」(あとがき)することを売りものにしたこの副教材は、日本の近現代史を暗黒と否定で描く“反日”では一貫しているものの、結果的には「歴史認識の共有」の難しさを示した形になっている。 

 違いが目立つのは朝鮮戦争の部分で、日本語版が「北朝鮮の人民軍が半島南部の解放をめざして南下を始めた」とし、戦争の開始を「解放」という言葉で肯定的に記述しているのに対し、韓国語版は「北韓の人民軍が武力統一を目標に南侵した」と記述し「侵略」を明確にしている。

 日本語版は北朝鮮の“歴史認識”そのままの記述であり、近年は親・北朝鮮化している韓国でもそれは受け入れられないというわけだ。このすれ違いは、日本側の製作者が、いかに極端な歴史認識を持っているかを象徴するものだ

 一方、この「副教材」は慰安婦問題には異様なほど熱心に多くのページを割いているが、韓国語版が慰安婦を「性奴隷」と表現しているのに対し、日本語版にはこの言葉はない。

 このため民間団体による関連イベントについて、日本語版では「女性国際戦犯法廷」となっているのに対し、韓国語版では「日本軍性奴隷戦犯国際法廷」と記述されている。

 また十九世紀末の列強のアジア進出、支配については、韓国語版が「進出」と表記しているのに対し、日本語版の方は「侵出」と強い表現になっている。日清戦争(一八九四−九五年)の後、韓国で民族的自主の願いで建てられた「独立門」についても、韓国語版は中国に対する独立を強調しているのに、日本語版は日本に対する抵抗・独立の意味を強調している。

 この本は日本の「新しい歴史教科書をつくる会」や扶桑社版教科書に対抗するために製作され、韓国では盧武鉉大統領が称賛し、マスコミが大々的に持ち上げ、日韓双方の執筆者は現在、日本での扶桑社版教科書の採択妨害の先頭に立っている。

 凄いね、この副教材。北鮮の工作員が執筆したのでしょうか?笑
朝鮮戦争を、
  日本語版 → 北鮮による南鮮の「解放」
  韓国語版 → 北鮮による南鮮への「侵略」
と、記述しているとのこと。
 黒田さんの書かれた文だけでも、突っ込み所満載なのに、これ手に取ったら、1ページごとに「突っ込んでる」かも。笑

 「独立門」って、清からの独立だろ?
あれって、清の皇帝を迎えるために朝鮮王が「三跪九叩頭の礼」をした「迎恩門」を壊してすぐ横に作ったんじゃなかったかな?
日本語版が、歴史捏造してどうすんねん?

 結論、『未来をひらく歴史−東アジア三国の近現代史』は、反日日本人ないしは北鮮・南鮮の工作員が作りました。チャンチャン
posted by: Nanyasore | 教科書問題 | 10:13 | comments(2) | trackbacks(1) |

総社市教委はヘタレか!?

中学歴史教科書 岡山・総社市教委 扶桑社採択を断念 抗議相次ぎ一転
 岡山県総社市教委は29日、臨時教育委員会を開き、来春から使用する中学歴史教科書として大阪書籍の教科書を採択した。同市は当初、新しい歴史教科書をつくる会のメンバーらが執筆した扶桑社の歴史教科書の採択を目指して共同採択地区の離脱を文部科学省に要望していたが、一転して断念した。

 これに先立つ同日午前、中山成彬文科相は閣議後記者会見で、岡山県教委から事情を聴く意向を明らかにした上で、採択期間中の採択地区変更は可能との見解を示していた。

 総社市が扶桑社採択を求めていることが報道されたこの日、市役所には抗議の電話や電子メールが相次いだ。

 竹内洋二市長は「いったん決めたことは貫いてほしかったが、教育委員会には介入できない。私としては扶桑社の教科書が最もふさわしいという見解に変わりはない。大臣にまで見解を出していただいて申し訳ない」と話している。
【2005/07/30 東京朝刊から】

 抗議は特定の団体が組織的に行っていることぐらい分からないのか?
一旦決めたことを抗議ぐらいで覆すぐらいなら最初から決めるな!へたれ教育委員!
 脅迫や嫌がらせがあれば、公表すればよいではないか。
そんなこともできずに、決めたことをホイホイ変えるとは、一市町村全体の学徒の教育を司る教育委員としての資格があるのか?

 岡山県総社市教育委員会は、抗議ぐらいで怖じ気づいて「言論の自由」を放棄したのか?
posted by: Nanyasore | 教科書問題 | 15:16 | comments(4) | trackbacks(3) |

最高裁GJ!

独断廃棄は著者の利益侵害 最高裁「図書館は意見伝える場」  
 千葉県船橋市立西図書館が著書を廃棄したため、表現の自由を侵害されたとして「新しい歴史教科書をつくる会」などが、同市に慰謝料など2400万円の支払いを求めた訴訟の上告審判決で、最高裁第一小法廷(横尾和子(よこお・かずこ)裁判長)は14日、「公立図書館は著者の思想や意見を伝える場で、独断による廃棄は著者の利益を侵害する」との初判断を示した。
 請求を退けた二審東京高裁判決を破棄し、審理を同高裁に差し戻した。再び審理されるが「つくる会」側の逆転勝訴となる可能性が大きい。

 訴えていたのは同会と作家の井沢元彦(いざわ・もとひこ)さんら7人。

 一審東京地裁判決は廃棄を決めた司書について「市に対する違法行為があった」と認定したが、「蔵書の管理は市の自由裁量」として著者側の請求をすべて棄却。東京高裁もこれを支持し、著者側が上告した。

 判決などによると、扶桑社が発行した教科書の採択をめぐり激しい論争が起きていた2001年8月、司書が同会編集の書籍や会員の著書などを、廃棄基準に該当しないのに蔵書リストから除外。107冊が廃棄された。市は翌年、この司書を減給の懲戒処分とし、廃棄図書のほとんどは司書らが同じものを寄付して補充した。

 上告審で著者側は「公立図書館から一方的に排除する思想弾圧で、表現の自由や著者の人格権を侵害された」と主張。市側は「著作が流通することで表現の自由は保障されている。購入した本の扱いまで強制すれば、受け手側の自由を侵す」と反論していた。(共同)

 こういった場合の被告市側って、司書の監督不行届による使用者責任という立場なのだろうか。
 もし、東京石原都知事が被告側だったら、弁論しにくいだろうね。
内心、司書に「余計なことをしやがって」と思いながらも、正当性を主張するんだから。
posted by: Nanyasore | 教科書問題 | 12:21 | comments(2) | trackbacks(1) |

栃木県大田原市GJ!

「つくる会」教科書選定へ、市町村で初…栃木・大田原
 栃木県大田原市の市立中学全7校(生徒計約1660人)で来春から使う歴史教科書について、大田原市教科書採択協議会の調査員会は、「新しい歴史教科書をつくる会」のメンバーが執筆した扶桑社発行の教科書が望ましいとする報告をまとめた。

 同採択協議会は12日開かれ、この報告を基に同社の教科書が選定される公算が大きい。市教委は13日に正式に採択を決める方針

 つくる会によると、同社の歴史教科書は都立の養護学校と中高一貫校、愛媛県立の養護・ろう学校と中高一貫校、私立8校の計19校で使われているが、市区町村の全域にわたって使われるのは初めてとなる

 同市教委は公民についても扶桑社の教科書を選びたい考えだ。

 今年は全国の公立中学校で来春から4年間使われる教科書の採択年。各都道府県では、3〜54に分けた地区ごとに採択協議会を設けて教科書を選定し、地区内の各教委は8月末までに正式決定する。採択協議会は、地区内の教育長や教育委員長、PTA代表らで構成しており、現場の教師らで作る調査員会が教科書の特徴を研究した報告を基に教科書を選ぶ。

 大田原市は、1市単独で採択協議会を作っており、調査員会は、8社ある中学歴史の教科書のうち2社のものを推薦し、そのうち扶桑社の方が望ましいとしている。同社の教科書については、同市教委内や学校で「日本文化に対する誇りと愛情をはぐくむよう配慮されている」などの声が多いという。
(2005年7月12日3時4分 読売新聞)

 さぁ、この勢いで日本各地の市町村に採択されますように。
某団体達の妨害工作なども、報道してほしいものです。

【7/13追記】 市教委で採択正式決定
  「つくる会」教科書、栃木・大田原市が採択
 栃木県大田原市教育委員会は13日午前、委員会を開き、来春から市立中学校7校で使う教科書を決定し、歴史公民について、「新しい歴史教科書をつくる会」のメンバーが執筆した扶桑社発行の教科書を全会一致で採択した

 市区町村単位で同社の教科書が採択されたのは初めて。

 委員会終了後に記者会見した小沼隆・市教育長は、同社の歴史教科書を選んだ理由について、「バランス良く構成されていて、日本史全体の流れと各時代の特色が分かりやすい。文化史を重視し、日本文化に対し、誇りと愛情をはぐくめるような内容となっており、国際関係の理解にも適切であると考えている」と述べた。

 一方、委員会の会場となった同市浅香の市勤労者総合福祉センター周辺やロビー内には、同社の教科書採択に反対するグループ約40人が集まり、抗議行動を行った。
(2005年7月13日11時38分 読売新聞)

 反対するグループの所属が知りたいなぁ・・・
posted by: Nanyasore | 教科書問題 | 09:36 | comments(0) | trackbacks(4) |

ディベートになってない教科書討論

今日、チャンネル桜で、7月6日、外国特派員協会で催された「歴史教科書問題」を議題に据えての討論会「教科書討論 “Textbook Debate”」なるものを見た。

出席者: 金武貴(在日本大韓民国青年会中央本部 宣伝部)
     王智新(宮崎公立大学 教授)     
     俵義文(子どもと教科書全国ネット21 事務局長)

     西部邁(秀明大学 学頭) ←朝生でお馴染み
     西村幸祐(ジャーナリスト) ←チャンネル桜でお馴染み
     潮匡人(評論家) ←チャンネル桜でお馴染み

太字にした出席者の香ばしいこと、香ばしいこと。
 金武貴って、民潭の広報マン?結構、早口の英語でまくし立ててたけど、内容はデムパそのもの。
 西部さん、西村さん、潮さんをつまえて、ことある毎に「right wing!(右翼)」のレッテル張り。「右翼の言うことは聞くに堪えない」とか、「super boring(超退屈)で反論する気もない」だとか、平気で誹謗中傷する始末。態度も顔も見ていると、ムカつきました。
 左巻きの後の二人もデムパ出てましたが、省略。「デムパ三兄弟」でした。
 それにひきかえ、西部さん、西村さん、潮さんは比較的冷静に対応。
特に、潮さんの超冷静な対応で、的確な物言いには感心致しました。
 西部さんと西村さんも、話が脱線しなかったらもっと良かったかも。
でも、お二人ともなかなか良かったと思います。「ここで、言ってほしい」と思うところで、ちゃんと仰ってましたから、ストレス無く見ていられました。
 で、全体的には、双方とも時間の制約とかもあり、言いっぱなし的な所があって、ディベートにはなっていなかった・・・少し残念。
 でも、とても興味深く2時間見させていただきました。
 外国人特派員の前での東京裁判の批判はとても良かったです。

 外国メディアにはどのように移ったのか、またどのように発信されるのか非常に興味があります。
 詳しくみたい方は、ひょっとするとチャンネル桜のHPで、動画がUPされるかも、しばらくの間チェックしておいて下さい。→ここ
 西村幸祐さんの感想 → ここ
posted by: Nanyasore | 教科書問題 | 17:10 | comments(1) | trackbacks(0) |

つくる会の地道な活動

つくる会 英訳で教科書説明 中韓記者ら100人に

≪外国特派員協会で会見≫
 新しい歴史教科書をつくる会の八木秀次会長と藤岡信勝副会長が十日、東京・有楽町の日本外国特派員協会で記者会見し、今春検定に合格した扶桑社の歴史・公民教科書について外国人記者の“追及”に答えた。欧米や中国、韓国の記者ら約百人が出席。同社歴史教科書の近現代史部分の英訳が配布された。

 韓国人記者が「性奴隷(慰安婦)や誘拐(強制連行)について隠しているのはなぜか」と強い口調で質問したのに対し、藤岡副会長は(1)以前は韓国の教科書も慰安婦について書いていなかった(2)今回検定に合格した全社の教科書から「慰安婦」の文言がなくなった(3)それは「慰安婦の強制連行」に証拠がないことが明らかになったからだ−と説明した。

 英国人記者が「教育関係者はつくる会に感謝しているはずなのに、なぜ前回の採択でほとんど使われなかったのか」 【Nanyasore注:いい質問ですね!】と尋ねると、八木会長は「皆さんには信じられないかもしれないが、日本の教育界ではマルクス・レーニン主義がいまだに力を持っていて、国民の感覚との間に大きなギャップがある」【Nanyasore注:ずばりの回答!会長GJ!】と述べた。

 「扶桑社教科書は南京事件を書いていない」など誤解に基づく質問も多く、八木会長は「海外に正確な広報を行うのは本来は文部科学省の仕事だ」と話した。つくる会は同日、扶桑社歴史教科書の中国関係部分の中国語訳をホームページに掲載。英語、韓国語についても順次掲載する。

 こういう情報発信を欧米の記者を交えてすることは、とても意義のあることかと思います。韓国記者の質問は的はずれということを内外に知らしめるいい機会でもありますし。
 しかし、八木会長の指摘にもありますが、こういうことは文科省の仕事であって、一民間人の有志がしなければならないところに日本の情けなさがありますね。
posted by: Nanyasore | 教科書問題 | 09:19 | comments(2) | trackbacks(0) |

さすがかの国、盗撮を平気で放送

韓国KBS シンポ隠し撮り放映 つくる会「発言歪曲し報道」
 KBS(韓国放送公社)テレビが、10日に東京都内で開かれた新しい歴史教科書をつくる会のシンポジウムを隠し撮りした映像を放映したことが15日分かった。つくる会は「内容も、韓国の視聴者に誤解を与えるものになっている」として、法的措置も含めて対応策の検討に入った。

 隠し撮り映像を流したのは11日深夜の報道番組など。パネリストの1人が「韓国の学者が『元慰安婦の団体など韓国の反日運動の背後に北朝鮮がある』と発言した」と述べたことを批判的に紹介。これを受けた韓国の新聞が「つくる会が妄言」と報道している。

 つくる会は当日、無許可の撮影、録音を禁止。かばんの中にテレビカメラを隠し入場、2階席から隠し撮りしていた2組の韓国人取材クルーを発見し退場させたが、KBSの映像は1階席から撮られていた。

 教科書をめぐるKBSの取材は過熱しており、3月25日には、つくる会メンバーらが執筆した扶桑社の歴史教科書を採択した愛媛県立今治東中の前で「歴史をどう教わっているのか」「竹島問題をどう考えるか」などと生徒に取材。

 今月13日には東京・本郷のつくる会本部に取材クルー5人が無断で入り込み、退去させられた。

 つくる会は「隠し撮りとその放映、歪曲(わいきょく)は報道のモラルに反するだけでなく、建造物侵入罪や著作権法違反に問われる可能性があり、対応を急ぐ」としている。

 KBS東京支局の話「この問題はわれわれとつくる会の問題であり、報道機関にコメントできない

 つくる会には、うやむやにせず是非とも告訴してほしいものですね。

そして、最後のコメントがイイ。
「この問題はわれわれとつくる会の問題であり、報道機関にコメントできない」
 最近どこかで、同様の態度を示した新聞社がありましたねぇ。
一番モラルを問われる報道機関(しかも韓国のNHK)がこれですから、なにをか況やですね。嘲笑
posted by: Nanyasore | 教科書問題 | 13:48 | comments(5) | trackbacks(0) |

朝日vs産経「教科書検定」社説バトル

朝日('05 4/6): 「つくる会」 こんな教科書でいいのか
産経('05 4/7): 【主張】教科書問題 驚かされた朝日新聞社説
朝日('05 4/8): 産経社説 こちらこそ驚いた
産経('05 4/9): 【主張】朝日社説 本質そらしてはいけない

発端はアカヒの笑止もの「つくる会教科書」批判の社説(4/6)

産経が真っ向反論(4/7)したところ

アカヒは論点すり替えで反論にもならない「こちらこそ驚いた社説」(4/8)を掲載

なんじゃこりゃと思っていたところ、産経が次の日に正鵠を射た社説(4/9)を載せた

 この4/9付、産経の社説のタイトルは「朝日社説 本質そらしてはいけない」・・・うぅん?どこかで聞いたようなフレーズ・・・本質をそらす・・・そう、朝日新聞のお家芸の一つ、「本質そらし(論点ずらし)」。NHK問題の時に散々やっておきながら、結局今日現在も論拠をはっきりさせず、そのままトンズラ。また、同じことをここでもやってます。(ある意味、わかりやすい新聞社。嘲笑)

 産経の4/9付の社説は真正面から反論している。決して逃げていない。
アカヒに指摘された、産経新聞と扶桑社との関係、経緯も別掲(新聞で読んだがWeb上に見つからず)にちゃんと書いている。誠実な対応だ。それに比べ、アカヒの社説は、NHKの時と同様、反論にもなっていない。
 私の言いたいことはすべて産経新聞が言ってくれた。産経の社説の最後の部分を引用して、アカヒへの批判としたい。
 問題の本質は、特定の教科書が気に入らないからといって、それを排除しようとすることは、自由な言論を保障した民主主義のルールに反しないかという点だ。朝日は論点すり替えで、もうこれ以上、驚かさないでほしい。
posted by: Nanyasore | 教科書問題 | 19:12 | comments(4) | trackbacks(6) |

全く持って正論だ!

中韓の教科書批判 「内政干渉」と安倍氏が反発 
 自民党の安倍晋三幹事長代理は8日夜、都内で講演し、中国と韓国が日本の歴史などの教科書を批判していることに対し、「明らかに内政干渉だ。われわれが両国の教科書に文句を付けたことはない。それが成熟した国家としてのマナーではないか」と強く反発した。

 同時に「国境を接する以上は国益がぶつかることもあるが、互いに知恵を出して最小限にコントロールし、違いを認め合うことが大切だ。こちらから問題を大きくする必要はない」と述べ、日本側も冷静に対応すべきだとの認識を示した。
(共同)

 安倍さん、全くその通り。でも、極東三馬鹿国は自分のことを棚に上げて平気で他人を批判する「未熟」な国家だからねぇ・・・。
 世界でも稀に見る成長しない国家達だし、宗主国と属国の立場は永遠みたいです。南鮮はやっぱり独立したくないのでしょうか。最近やけに宗主国にすり寄ってるみたいだし・・・事大主義のDNAが騒ぐのかも。笑
posted by: Nanyasore | 教科書問題 | 02:19 | comments(3) | trackbacks(0) |