<< 月山くん、訪米ですか? | main | 外国企業がなぜに? >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

保守でも何でもないとな!?

 産経の古森さんのブログ:保守とはなにか――「真・保守政策研究会」に招かれて
 (略)
 この会合では私は平沼氏、中川氏、さらには事務局長役の衛藤晟一氏から紹介を受ける形で講演を始めました。タイトルは「ワシントンからみた日本、そして中国」でした。
その要旨は以下のようでした。

アメリカの政府も議会も、日本側の一部での「米中宥和」という描写とは対照的に、基本では中国を利害を根本から異にする相手として警戒している。中国への懸念は経済、軍事、政治(人権)の各領域にわたる。ただし政府は対テロ闘争、北朝鮮核問題、イラク民主化などで中国の協力を必要とするため、表面でのソフトな言辞を続けている。

▽アメリカ議会では政策的、制度的な中国研究、中国調査を続け、その大部分は中国を潜在敵性を有する対象して位置づけている。議会の多数の委員会が中国の軍拡、不公正貿易、知的所有権侵害、人権弾圧、大量破壊兵器の拡散など具体的なテーマごとに実態をあばき、対策を勧告している。

▽この対中警戒は対日政策にも反映されている。つまり中国の軍拡を警戒することから日米同盟の重要性が再認識されてきた。その一方、ワシントンで日本とか日米同盟が話題になることは確かに少ないが、共和党、民主党、どの勢力をみても、日本との安全保障上のきずなをなくしてしまうとか、大幅に薄めることを主唱する人は皆無だといえる。

アメリカの議会の中国への取り組みは日本の国会も参考にする価値がある。中国の軍事や人権に関する動向は日本側でももっと頻繁に、かつ明確に、指摘して、論評していくことが適切だと思える。

ざっと以上のようでした。

しかし私が質疑応答も含めて1時間のこの講演の最終部分でとくに強調したのは、
以下のような点でした。

真・保守政策研究会のみなさんが目指す政治目標は『保守』と呼ばれるが、国際基準からすれば、保守でもなんでもない、もっと自然で自明なことだ といえます。みなさんが強調する日本の国益の推進などというのは、他の諸国ならば、右も左もなく、ごく当然のことだからです

同研究会は設立趣旨として「国民が自国に誇りを持てる国づくり」「国益をしっかり守る」「日本の伝統・文化を守る」などと、うたっています。これらの標語は日本では「保守」とみなされます。しかし世界の他の諸国では国益を守り、伝統を守り、国民が自国に誇りを持つ、というのは、あまりに自明なこととされています。保守でもなんでもない、とはそういう意味でした。
質疑も佐藤正久議員から日米安保の核心を衝く質問が出たりして、活発でした。

>日本側の一部での「米中宥和」という描写とは対照的に
 アサピーや某公共放送が必至に醸し出そうとしている"描写"ですか(笑)
やはりアメリカ議会は支那を潜在敵性を有するとして警戒しているんですね
古森氏も提言しているように日本の国会もしっかりしないといけないですね
そういう意味では、「真・保守政策研究会」に期待しています

>「国民が自国に誇りを持てる国づくり」
>「国益をしっかり守る」
>「日本の伝統・文化を守る」
 日本では「保守」とレッテル貼りされるとのことですが、もっと酷いよ、加藤一なんか、「ビビンバの会」(ネーミングが・・・脱力w)なる超党派の会を作って、そこで真・保守政策研究会は「偏狭なナショナリズム」と言って、誹謗中傷してますから・・・
 当然ながら、中川(酒)会長が反論してますがw → ここ
 
 自明のことを主張すると、ナショナリズム=ウヨ とレッテル貼りをする、それが左巻(サヨ)連中と言うことですかな。(これをサヨの定義にするといいかも)
posted by: Nanyasore | 愛国 | 11:07 | comments(6) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 11:07 | - | - |
コメント
 
2008/04/16 6:11 PM
Posted by: 旅芸人
「ビビンバの会」は名称変更するそうです。新しい名前は「ラーの会」
まあ名前が変わろうが売国友の会の顔ぶれは変わりませんが。よくもこんな低次元の売国奴どもが国会議員を続けていられるのか不思議です。
2008/04/16 10:46 PM
Posted by: Γ8
日本の保守は、国をメンテナンスする保守ですね。思想云々以前の基本中の基本。
で、それに反対する奴らは単なる破壊者、侵略者、およびその手先であると。
2008/04/17 5:02 AM
Posted by: ST
我が意を得たり、ですね。
私など「真ん中やや左」位だと思ってますから。

「国民が国を嫌いになる国づくり」
「国益を積極的に損なう」
「日本の伝統、文化を破壊する」
こっちを目指す方がよっぽど異常なのは分かりきっていると思うんですが。
2008/04/18 9:50 AM
Posted by: Nanyasore
旅芸人さん、ようこそ。
 そうなんですか(笑)情報ありがとうございます。

 調べたら、辻元なんかの売国奴が・・・○| ̄|_
 だけど、何故に民主党の前原誠司前代表もメンバーなんだ???

Γ8さん、ようこそ。
 仰るとおり、メンテナンスの保守かも。
 左に傾きすぎているのを真ん中に戻そうとしているだけ、ただそれだけなのに、右翼扱いだから。
 私たちが右翼だったら、左巻は極左過激派だろって言ってあげたい。

STさん、ようこそ。

>「国民が国を嫌いになる国づくり」
>「国益を積極的に損なう」
>「日本の伝統、文化を破壊する」
 結局、左巻やエセ人権団体、エセ平和主義者のために、上記のことが我が国で実現されているような気が・・・
2008/04/18 7:02 PM
Posted by:
「ラーの会」ってなんだ。新興宗教かっ(爆

右も左も、極地にいっちゃった人はやり口が似てます。

レッテル貼り、情報統制、子供を利用、教育を利用etc
左が自覚の上での破壊なら、右の極致は無自覚の破壊。どっちも迷惑。
2008/04/21 9:28 AM
Posted by:
鴻さん、ようこそ。
>「ラーの会」ってなんだ。新興宗教かっ(爆

 後に「麺」とか「油」を付けると、支那風味でよろしいかと(笑)

>右も左も、極地にいっちゃった人はやり口が似てます。
>レッテル貼り、情報統制、子供を利用、教育を利用etc
>左が自覚の上での破壊なら、右の極致は無自覚の破壊。どっちも迷惑。
 ホントそうですよね、やはり中庸がいちばんです









トラックバック
 
http://nanyasore.jugem.cc/trackback/996