<< おっと在日犯罪スルーするとこでしたorz | main | チベット問題:各国で抗議運動 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

カンガルーの間引きは良い政策

カンガルー400頭駆除、豪政府「過剰繁殖で」と弁解
【シドニー=新居益】オーストラリアのギャレット環境相(54)は12日、首都キャンベラで野生のカンガルー約400頭を駆除する計画を承認した。

 カンガルーが過剰繁殖し、環境に悪影響を与える恐れが出てきたためで、薬物注射で安楽死させる。

 これに対し、豪州の動物愛護団体などは「カンガルーを他の地域に移送するべきだ」と反発し、「人間の盾」などで実力阻止する構え。ロイター通信によると、元ビートルズのポール・マッカートニー氏も、英国の動物愛護団体のホームページに「カンガルーを守るため行動を起こす時だ」と、豪政府を批判するメッセージを寄せた。

 環境相は政界入りする前、ロック歌手として活躍、国内の環境保護団体会長を務めたほか、1993〜94年には「グリーンピース」の役員も務めた。同団体は今年1月、日本の調査捕鯨船に妨害行為を働いている。環境相は捕鯨問題も担当し、「捕鯨は野蛮だ」と日本批判の急先鋒(せんぽう)となっている。クジラとカンガルーの取り扱いの違いについて問われた環境相は、「バランスが取られ、科学的に実行される計画は良い政策だ」と苦しい弁解を強いられている。(2008年3月13日23時10分 読売新聞)

>「バランスが取られ、科学的に実行される計画は良い政策だ」

 ここ笑うところですか?

日本の調査捕鯨のこと褒めてくれているのかね? この緑豆出身のご都合主義者め! 
posted by: Nanyasore | 憂国 | 01:00 | comments(8) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 01:00 | - | - |
コメント
 
2008/03/14 3:36 PM
Posted by: ST
なにしろ薬物注射で殺すわけですから科学的です、銛を打ち込むなんて野蛮な殺し方とは違います。
えっ?そこ突っ込まれたのと違うの?  byギャレット
2008/03/14 3:55 PM
Posted by: Nanyasore
いかん、お腹が痛いwwwww
2008/03/14 7:25 PM
Posted by: そこまで
せっかくだから、経済効果と屠殺費用を考えて
皿割りバーみたいな、「カンガルー撲殺ツアー」を企画してみては?
2008/03/17 9:49 AM
Posted by:
なるほど、増えすぎたので殺すんですね。

じゃーミンククジラも増え過ぎたので
捕鯨してもいいですね
良い政策だと思います。^^
2008/03/17 2:37 PM
Posted by: Nanyasore
そこまでさん、ようこそ。
 正直、かわいいカンガルーは殺したくないなぁ
 で、カンガルーは殺した後、どうするのだろう?捨てるのかな?

鴻さん、ようこそ。
 そうなんですよ、カンガルーと鯨と何が違うのかと小一時間問い詰めたい・・・
2008/03/18 2:58 AM
Posted by: るる
カンガルー肉というのは、食用にしてますよ、たしか。日本でも売ってるの見たことあります。オーストラリアのお土産でカンガルーの革製品もありますよ、たしか。

捕鯨が残酷で、カンガルー肉は、ヘルシーでおいしいとて食べてるなんて、怒りを通りこしてあほらしくなりますが。

鯨は高等な動物だというけど、カンガルーだって、あんなに人間似の生き物いないんじゃないですかね?
2008/03/18 9:41 AM
Posted by: Nanyasore
るるさん、ようこそ。
 今回の薬殺されたカンガルーの肉も食用ですかね?

 確かYouTubeで、オージーの野郎がカンガルーを車のバンパーに叩きつけて殺したり、袋の中の子供を出して踏み殺してたのを見ましたけど

 カンガルー、牛、豚は良くて、鯨はダメだって、欧米人(ノルウェー人を除く)の勝手な論理でしょう、全く。

 鯨の数が増えすぎて、鯨のエサとなっている魚の漁獲高が減ったりしたら、やはり鯨を捕ろうと言い出すよ、あいつら。
2015/04/24 4:44 PM
Posted by: Merlin
I like what you guys tend to be up too. This type of clever work and coverage! Keep up the awesome works guys I’ve incorporated you guys to our blogroll.









トラックバック
 
http://nanyasore.jugem.cc/trackback/980