<< 海の番犬=エコテロリスト | main | 毎度お馴染みの隠蔽でございます >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

これが所謂チャイナリスク

「中国内で混入ない」河北省幹部が断言 ギョーザ事件
2008年03月07日08時06分
 中国製の冷凍ギョーザ中毒事件を調査している中国河北省の付志方副省長は6日、「中国側で農薬成分のメタミドホスが混入された可能性はすでに排除された」と述べた。同省幹部が事件について言及するのは初めて。中国での毒物混入の可能性が「極めて低い」とする中国公安省の見解よりも踏み込んで結果を断定しており、事実解明が進展しない恐れが出てきた。

 付副省長は、北京市内のホテルで開かれた全国人民代表大会(全人代)の河北代表団の会合後、記者の質問に答えた。

 調査の進行状況について「わが省は事件をきわめて重視しており、全力で事実解明に当たっている」と説明。その結果、製造元である石家荘市の天洋食品の工場について「これまで正常に作業をしており、工場内の衛生管理や原料の残留農薬の問題はなかった」として食の安全の問題ではなく、何者かが毒物を混入した個別の事件であることを強調。その上で「中国側で何らかの問題が発生した可能性はなかった」と結論づけた。

 盗人猛々しいとは言わないが、日本人とっては、それに近いものを感じている方も多いのでは?
 あの国に、信義誠実を求めるのは無理と言うことがハッキリわかると思います。
これが所謂チャイナリスク、ある日突然手の平を返す。優遇措置を無くす・・・立ち退きを要求する・・・などなど
これで幾多の日本の中小企業が泣かされたことか。

 巷(ちまた)では、「チャイナフリー」が流行中ですが(笑)、なかなか実行は難しいけれど、我が家でも食品に関しては2年位前からやってます。

 先日、ベトナムの特集をテレビで見たけど、中国と違って律儀で勤勉だとか。まぁ、相対的にと言うことだと思いますが、社会主義国というリスクはあるけど中共より、随分マシじゃないでしょうかね、ベトナムは。他にカンボジアなんかもいいかも。
 もう、シフトしている企業はたくさんあると思うけどね。

 話が脱線したけど、中国からの野菜、生鮮食品の輸入が激減しているとのこと。
消費者のボイコットが効いているようで(笑)

このツケをいつ中共が払うのでしょうか・・・た・の・し・み
posted by: Nanyasore | 安全保障(食) | 10:39 | comments(3) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 10:39 | - | - |
コメント
 
2008/03/07 1:41 PM
Posted by: ST
「問題はなかった」って断定はするけど根拠は無いんですね(笑)。
あとはお得意の恫喝ですか、ホントにこんな国を相手にすることはないですよね、食糧自給の推進は当然考えるとして、当面の不足分は他の途上国にお願いすればその国の経済力もアップして共存共栄、ノープロブレムだと思うんですよね。
2008/03/08 11:54 PM
Posted by: Nanyasore
STさん、ようこそ。
 そうですよね、他の途上国を助けてあげる方がよっぽどお金の使い道としては有意義だと思います。
2008/03/10 11:19 PM
Posted by:
この期に及んで、まーだ「オラじゃねえ」と言ってるんですね。
「あっそ^^日本企業は東南アジアあたりにスライドしてますから〜♪」と言って差し上げたいですね。
さすがの親日政党民主党からも、疑問の声が上がり、国家主席の訪日危うし!ってことになりまして中国外務省が慌てているようです。
日本政府は、謝罪と賠償を要求しないんですね。邦人を拉致されても、日本海にミサイル撃ち込まれても、ギョーザで殺されかけても、何されても怒らないんですね、この国は。

>信義誠実を求めるのは無理

もともと中国は儒教の国だったはず。
面子のためにも倫理や信義を貫いていたはず。(大昔は)
あの国から人間としてあるべきメンタリティーが失われたのには、中共の出現があったでしょうね。伝統や文化を悉く破壊するのが共産主義ですから。

なんでこんな国が隣国なんだろうとつくづく悲しくなりますね。アメリカの目が届く太平洋の真ん中へ、大陸ごと移動させたいものです。









トラックバック
 
http://nanyasore.jugem.cc/trackback/975