<< テロよりも犯罪抑止に期待 | main | スポーツでも期待を裏切らない >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

身分なき共犯、女帝も逮捕

守屋前防衛次官と妻を収賄容疑で逮捕
守屋武昌・前防衛次官(63)が次官在任中、航空・防衛分野の専門商社「山田洋行」元専務・宮崎元伸容疑者(69)からゴルフ旅行で総額約389万円の接待を受けていた疑いが強まり、東京地検特捜部は28日午後、守屋容疑者を収賄容疑、妻の幸子(さちこ)容疑者(56)を同容疑の共犯として逮捕した。
 また、宮崎容疑者を贈賄容疑で再逮捕した。
 事務次官経験者が在職中にわいろを受け取ったとして逮捕されたのは、リクルート事件の加藤孝・元労働次官と高石邦男・元文部次官、旧厚生省汚職事件の岡光序治(のぶはる)元厚生次官に次いで4人目。
 調べによると、守屋容疑者は次官在任中の2003年8月〜06年5月、山田洋行が陸上自衛隊の生物剤検知装置や航空自衛隊の次期輸送機(CX)エンジンなど防衛装備品の受注などで有利な取り計らいを受けた謝礼と知りながら、宮崎容疑者から計12回にわたり、妻の幸子容疑者とともに北海道や福岡などへのゴルフ旅行の接待を受けた疑い。

 守屋容疑者は約11年前から、計300回以上のゴルフ・飲食接待を受けていたが、特捜部は、このうち収賄罪の時効にかからない過去5年間分を精査し、守屋夫妻の費用全額を宮崎容疑者に負担させたゴルフ旅行代金について、次官の職務に絡むわいろと認定した。

 守屋容疑者らは次官在任中の2004年と06年、宮崎容疑者から計400万円の現金提供を受けており、特捜部は現金提供の趣旨についても追及する。
(2007年11月28日16時34分 読売新聞)


 刑法65条の身分なき共犯で「おねだり女帝」も逮捕ですか。検察やるなぁ・・・

ZAKZAK : 違法性認識…守屋前次官の妻“おねだり女帝”立件も
 守屋氏の妻は、防衛省の課長級以上の夫人が集まる親睦(しんぼく)組織「美鳩会」でも「女帝」として権勢を振るっていた。会合場所に車が到着すると、ドアの外に夫人らがズラッと並び、深々と頭を下げて迎えたという。

 おおおっ、「白い巨塔」の"くれない会"が現実にあるなんて、すごっ!

上のZAKZAKの記事を読んでると、業者にたかりまくり・・・おいおいって感じですね、こりゃ検察も許せなかったのだろう・・・

posted by: Nanyasore | 法律 | 17:28 | comments(5) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 17:28 | - | - |
コメント
 
2007/12/01 9:10 PM
Posted by: ケンジ
こんにちは

うーむ「くれない会」でしたねw
名前を忘れていましたが、記事を読みながら僕も白い巨塔を思い出しました。

おねだり女帝に「何か」くれない会では上手すぎ!

それにしても妻までしょっ引かれるとは驚きました。
2007/12/03 3:54 PM
Posted by: Nanyasore
ケンジさん、ようこそ。
 私も延髄反射で白い巨塔キタ━━━(゚∀゚)━━━!!! と思いました。
ドラマの中だけの話と思っていたけれど・・・

今回の場合、次官の妻という立場を大いに利用した目に余る振る舞いだったようで・・・検察も見逃せなかったのでしょう・・・実刑は無理かも知れませんが
2015/03/08 1:35 PM
Posted by: Octavio
Thank you, I’ve just been searching for info about this topic for ages and yours is the greatest I’ve discovered till now. But, what about the conclusion? Are you sure about the source?
2015/04/16 8:02 AM
Posted by: Berry
Though there’s a huge reducing down of tree all over the place, this can’t be deemed a huge risk, since it grows effortlessly.
2015/04/24 4:16 PM
Posted by: Owen
Truly when someone doesn’t understand then its up to other people that they will help, so here it occurs.









トラックバック
 
http://nanyasore.jugem.cc/trackback/936