<< アレを撒くのは・・・・どこの人? | main | 大酋長を国家保安法違反で逮捕するニダ! >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

教科書に政治介入はだめだろ

沖縄集団自決 検定への不可解な政治介入(10月3日付・読売社説)
 教科書検定に対するきわめて不可解な政治介入である。

 来年度から使用される高校日本史教科書において、「日本軍に集団自決を強制された」などとする沖縄戦の記述が、今春の検定で修正された。これについて町村官房長官は、渡海文部科学相に対し、教科書の記述を再修正出来るかどうか、検討するよう指示した。

 沖縄県宜野湾市で開かれた県民集会には11万人が参加し、検定意見撤回を求める決議が採択された。決議は、集団自決が日本軍の「関与」なしには起こりえなかったと強調した。今回の修正は、沖縄戦体験者の数多くの証言を否定し歪曲(わいきょく)するものだとも批判している。

 しかし検定意見は、集団自決への日本軍の「関与」を否定したのではない。

 例えば「日本軍は、県民を壕(ごう)から追い出し、スパイ容疑で殺害し、日本軍のくばった手榴弾(しゅりゅうだん)で集団自害と殺しあいをさせ」となっていたある教科書の記述は、検定の結果、前半部分をほぼそのまま残した上で、「日本軍のくばった手榴弾で集団自害と殺しあいがおこった」と改められた。

 集団自決の際に軍の「強制」があったか否かが、必ずしも明らかではないことが検定意見の付いた理由だった。

 沖縄戦の最中、渡嘉敷島と座間味島では軍命令による集団自決が行われたとされてきたが、これを否定する証言が、1970年代以降、相次いでいる。

 一昨年には、作家の大江健三郎氏の著書に命令をした本人として取り上げられた元将校らが、大江氏らを相手取り、名誉棄損訴訟を起こしている。

 こうした近年の状況を踏まえての修正要請であり、対応だった。

 検定を経た教科書の訂正は、客観的事実の変更によって記載事実が明白に誤りとなった場合などに限られると、省令で定められている。

 町村官房長官は「沖縄の皆さん方の気持ちを何らかの方法で受け止めて、訂正できるものかどうか」と語っている。

 民主党など野党は、沖縄県民の意向を踏まえた歴史教科書に関する国会決議案の提出についても検討している。福田内閣として、この問題を国会の争点にしたくないとの思惑もあるかもしれない。

 しかし、史実に基づいて執筆されるべき歴史教科書の内容が、「気持ち」への配慮や、国会対策などによって左右されることがあってはならない。

 時の政治状況によって教科書の内容、記述が変わるのであれば、中立公正であるべき教科書検定の制度が、その根底から揺らぐことにもなりかねない。
(2007年10月3日1時41分 読売新聞)

 各所のブログや産経抄を見ていると、沖縄県宜野湾市の県民大会に11万人参加というのは、相当な水増しのようですね。(約4万人が正しい?)

私の主張と読売の主張は同じです。
曖昧なものを教科書に書くなと言いたい。
しかも、感情に流されて、教科書検定制度に政治介入はあってはならないのではないか?
これじゃ、戦時売春婦問題で韓国内の感情におもんばかった「河野談話」と同じ構図になってしまう。

 歴史的事実に感情を入れるのはよくないよ


【追記<参考>】
「教科書検定を有名無実化」沖縄自決記載で有識者批判
2007.10.3 00:30
 高校教科書の沖縄戦集団自決の記述をめぐり、文部科学省が訂正申請で修正に応じる意向を明らかにしたことついて、検定意見を支持した有識者からは「検定制度を有名無実化する」などの批判がでている。

 当時の守備隊員ら関係者から聞き取り調査をした中村粲(あきら)・独協大名誉教授は「住民の集団自決があった渡嘉敷と座間味島の2島の隊長の命令がないことが明らか。年金支給のために軍命令があったことにするケースもあった。軍命令の存否は確認できていない」と指摘。「政府もメディアも、真相究明へ向けた事実の検証作業が先決だ。検証せずに軍命令の記述を復活させることは認められない」と指摘した。

 また、藤岡信勝・拓殖大教授は「教科書検定制度の有名無実化だ。福田康夫首相になって平気で政治介入を始めた」と指摘。「9月29日の沖縄県民集会は行政ぐるみの動員であり、集団自決に追い込んだのと同じ官製キャンペーンの構図だ」として、この集会を変更の根拠にする文科省の姿勢を批判した。

 現代史に詳しい秦郁彦・元千葉大教授は「関与というあいまいな言葉にすり替えている」と述べ、慰安婦問題と同じことが繰り返されていると問題視した。

 座間味島の元守備隊長らを取材したジャーナリストの櫻井よしこ氏は、修正された教科書の記述がどうなっているか読んでから議論すべきだという。

 「新しい教科書に自決命令はなかったとは書かれていない。両方の言い分をふまえたバランスのとれた内容だ」と検定後の記述を評価。県民感情を理解しながらも「極端な議論がなぜ出るのか、疑問だ」としている。

 有識者のご指摘、ごもっとも。
posted by: Nanyasore | 教科書問題 | 17:06 | comments(2) | trackbacks(3) |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 17:06 | - | - |
コメント
 
2007/10/04 5:10 PM
Posted by: くまきち
歴史的事実かどうかが一番重要なはず。
もしそれが不確かなら(百歩譲って)両方併記すればいいでしょう。
この問題を焚きつける左巻きメディアにほんと腹が立ってしょうがないです。
自虐史観を浸透させることが日本の未来に有効なはずがありませんよ。
そしてその『感情』は結局どこかで誰かの『お金』にすり替わるんですよね。
こんな事がまかり通るなら素晴らしいこの国のを作ってきた先人達の苦労は
本当に一体何だったのか?骨折り損だったなんて思いたくないです。
2007/10/05 6:14 PM
Posted by: Nanyasore
くまきちさん、ようこそ。
 中山元文科相がいいこと言ってます。↓参照
http://nanyasore.jugem.cc/?eid=916

左巻の巻き返しが・・・保守が総崩れか・・・_| ̄|○









トラックバック
 
http://nanyasore.jugem.cc/trackback/913
 
2007/10/04 12:28 AM
Posted by: 偕楽園血圧日記
話を聞かない左巻き、未来の読めない総理
 まったくNHKは何とかならないか。  日曜日の「海外ネットワーク」で日中国交樹立三十五周年を取り上げていたのはいいのだが、ここで「南京大虐殺」のプロパガンダ映画を作った陸川氏を出して、いかにも「客観的に作った」かのごときいいわけを垂れ流させる。これは
2007/10/04 3:35 PM
Posted by: まいっちん愚ログ
【文通】朝日新聞論説委員室さま
調子のりのりの朝否新聞の夕刊に「窓」というコラムがあります。 9月28日付けのこのコラム、WEBでは見れないこのコラムになかなか挑戦的、かつ香ばしい文章が踊っておりました{/heart2_arrow/}。 WEBでは見れないけどもったいないのでベタ打ちでご紹介{/face2_ful
2012/11/11 12:01 AM
Posted by: -
-
管理者の承認待ちトラックバックです。