<< またですか・・・ | main | 指定解除するなら核武装だ >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

人権のために人権を踏みにじる

「TVで業務妨害」橋下弁護士を提訴 光市事件弁護人
2007年09月03日12時13分
 山口県光市で99年に起きた母子殺害事件の差し戻し控訴審で、殺人、強姦(ごうかん)致死、窃盗の罪に問われた当時18歳の元少年(26)の弁護団に加わる弁護士4人が3日、テレビ番組内で懲戒処分を視聴者に呼びかけられて業務を妨害されたとして、大阪弁護士会所属の橋下徹(はしもと・とおる)弁護士を相手取り、1人当たり300万円の損害賠償を求める訴訟を広島地裁に起こした。

 訴えたのは、広島弁護士会所属の足立修一、今枝仁の両弁護士ら4人。今枝弁護士によると、橋下弁護士は、5月27日に放映された関西の民放テレビ番組で、懲戒処分を弁護士会に求めるよう視聴者に呼びかける発言をした。その後、広島弁護士会には4人の弁護士の懲戒処分請求がそれぞれ300通以上届き、対応に追われるなどして業務に支障が出たという。

 橋下弁護士の所属する芸能事務所は「送達された訴状を確認次第、至急、橋下本人が会見を開いて対応について説明する」としている。

 この事件で最高裁は06年6月、「特に酌むべき事情がない限り、死刑を選択するほかない」として二審の無期懲役判決を破棄し、広島高裁に差し戻している。

 何人も請求できる弁護士懲戒請求を広く一般の方に紹介し、弁護士を懲戒したい人はどうぞとTVで言うと、業務妨害になるのかね?
 差し戻し審で、1,2審では全く主張しなかった「荒唐無稽な理由」を初めて開陳するから批判されているんだろ?(刑事だから法的には許されるのだろうけど、民事だったら時機に遅れた防御として却下ものだろ・・・法的には許されても、道徳的に許されないというのが一般的な感情ではないかな)
(加害者の)人権のために(被害者の)人権を踏みにじってもいいものなのか?
市民感情からかけ離れた"人権派"弁護士の跋扈(ばっこ)する弁護士会
橋下弁護士にはガンバってほしいですね


【追記】橋下徹のLawyer's EYE より引用
本日(2007年8月31日収録、同年9月1日放送)の「たかじんのそこまで言って委員会」の収録において、やしきたかじん委員長に、僕は許可を求めた。
「彼ら弁護団は、自分たちの主張をメディアが取り上げてくれないと不満を言っていますので、ぜひこの番組に出席させて主張させて下さい。弁護士仲間に話すのではなく、一般の観客の前でそしてテレビカメラの前に出させることで、世間の空気にさらさせてください」と。やしきたかじん委員長は許可してくれた。

 そこまで言って委員会に来てほしいなぁ、人権派弁護士さん達 wktk
posted by: Nanyasore | 憤懣 | 14:52 | comments(2) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 14:52 | - | - |
コメント
 
2007/09/03 11:45 PM
Posted by: ポンタ
人権屋弁護士、そして土屋元弁護士会長もそうだけど、反吐がでるね。三百代言、嘘八百うんざりだ。社会のダニですね。
2007/09/04 11:24 AM
Posted by: Nanyasore
ポンタさん、ようこそ。
 ホント、人権派とか言われる弁護士って、被害者、加害者を食い物にして、しかも一般的な市民感情からかけ離れている・・・ホント"ダニ"ですね。









トラックバック
 
トラックバック機能は終了しました。