<< かんしゃく起こるぅ・・・ミズホたん | main | 街宣右翼の正体 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

単なる手続法じゃん!

国民投票法、与党の賛成多数で成立 実現は早くて23年
憲法改正手続きを定める国民投票法が14日の参院本会議で、与党の賛成多数で可決、成立した。民主、共産、社民、国民新の野党4党は反対した。投票の対象を憲法改正に限定。投票年齢は原則18歳以上としたが、成年年齢、選挙権年齢を18歳へ引き下げるなど関連制度の整備が行われるまでは20歳以上とした。昭和22年5月の現憲法施行から60年を経て、改正のための手続き法が初めて整備された。

 成立に伴い、国民投票法は近く公布されるが、施行は公布3年後の平成22年で、初の国民投票が実現するのは、早くても23年になる見通しだ。

 安倍晋三首相は7月の参院選で、国民投票法の成立をアピールし、憲法改正を争点として訴えていく意向だ。

 参院選後に召集される次の国会で、憲法改正原案を審査する憲法審査会が衆参両院に常設される。だが、国民投票法本体が施行されるまでの3年間は、審査会の改正原案の提出、審査の権限は凍結され、「調査」に専念する。

 国会が発議した憲法改正案は国民投票の有効投票総数の過半数で承認される。改正案は、内容で関連する事項ごとに個別に採決される。投票権者は、投票用紙に印刷された「賛成」「反対」を○印で囲んで投票する。白票などは無効とし、有効投票総数には数えない。

 国民投票に関する放送について、テレビ、ラジオの放送事業者に対して放送法上の「政治的公平」の趣旨に留意するよう求めた。テレビなどの有料意見広告(スポットCM)は、投票期日前2週間は禁止した。

 政党が国費を使って新聞やテレビなどで無料広報する枠は、憲法改正案の賛成、反対の意見を公平かつ平等に扱う。

 公務員や教育者が地位を利用して国民投票運動をすることを禁止したが、違反への刑事罰は設けず行政罰で対応。「公務員の政治的行為の制限」を定めた国家、地方両公務員法の規定を原則適用する。ただし、公務員の「賛否の勧誘その他の意見の表明」は制限せず、法整備を行う。

 国会議員による憲法改正原案の国会への提出は、衆院議員100人以上または参院議員50人以上の賛成者が必要となる。

 与党と民主党は昨年5月、それぞれ衆院へ国民投票法案を提出。衆院憲法調査特別委の自公民3党の実務担当者は、共同修正による成立を目指したが、参院選を前にした与野党対決の思惑や国民投票の対象範囲をめぐって協議は決裂した。5月11日の参院憲法調査特別委では与党と民主党の賛成で、有料CM規制はメディア関係者の自主的努力を尊重するなど18項目の付帯決議を行った。
     ◇
 国民投票法の参院本会議の投票結果は次の通り。投票総数221票(過半数111)▽賛成122票▽反対99票
(2007/05/14 13:54)

ポイントは
 1 投票年齢は原則18歳以上(法整備までは20歳以上)
 2 国民投票の有効投票総数の過半数で承認
 3 内容で関連する事項ごとに個別に採決
 4 投票用紙に印刷された「賛成」「反対」を○印で囲んで投票
 5 白票などは無効とし、有効投票総数には数えない
 6 有料意見広告(スポットCM)は、投票期日前2週間は禁止
 7 公務員や教育者が地位を利用して国民投票運動をすることを禁止(行政罰の対象)
 8 施行は公布3年後の平成22年
 9 最低投票率の規定は設けず(投票ボイコット運動を誘発するおそれがあるとかで)

憲法を勉強したときは、「衆参両議院のそれぞれ総議員の3分の2以上の賛成で発議し、国民(有権者)の絶対過半数で承認」って勝手に思いこんでいたから、とてもじゃないが憲法改正なんて絶対無理、アメリカはなんてことをしやがるんだと思っていたが、有権者の有効投票総数の過半数と少しだけ敷居が低くなって成立しました。
 条文を個別に採決するのはいいことだと思います。
 とりあえず、96条の改正だけして改憲条件を下げてから各論を議論してもいいと思うが(例えば、総議員の5分の3以上の賛成で発議するとか。75%は高すぎ、50%だと法律と変わらないから60%程度が妥当ではないか?)

 単なる手続法なのに、憲法改悪だとか、9条を守れだとか・・・野党騒ぎすぎ

↓ 絶対数が少ないので何とも言えないけど「反対」が優勢ですね
Yahoo!のみんなの政治  内容見てると国民投票法案のことじゃなく、憲法改正への意見言ってるよ、ピント外れがわからないのかね?

【5/16追記】
Yahoo!のみんなの政治 賛成111件・反対184件 賛成派が少し盛り返しつつあります。

posted by: Nanyasore | 改憲 | 15:10 | comments(2) | trackbacks(2) |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 15:10 | - | - |
コメント
 
2007/05/16 12:38 PM
Posted by: シロ
初めまして。
国民投票=憲法改正=侵略戦争という頭の人がいろんなところで暴れてるみたいですね。
私のところにもそういう人が来ましたよ....。

ピント外れって言える人がいて、少しほっとしました。
2007/05/16 2:51 PM
Posted by: Nanyasore
シロさん、ようこそ。
 手続法制定=改憲=戦争・・・ものすごく短絡的思考ですよね。
 特定アジアの代弁をしているせいか(笑)、よっぽど焦っているんじゃないですか?ご主人様に怒られるって。









トラックバック
 
http://nanyasore.jugem.cc/trackback/834
 
2007/05/15 8:06 AM
Posted by: 加賀もんのブログ
【国民投票法成立】日本国民が真の主権者となった日
ついにこの日がやってきた。 憲法の前文において国民は「憲法制定者」「主権者」とされ、憲法第96条に改正条項があるにもかかわらず、具体的な憲法 改正手続について定めた法律が無いという異常な状態。 国民が定めた憲法であるならば国民の意思によってそれを改廃し
2007/05/16 12:52 PM
Posted by: Y's WebSite : Blog 〜日々是好日〜
国民投票法が成立
憲法改正手続きを定める国民投票法が5月14日の参議院本会議で投票が行われ、与党である自民、公明が賛成票122、民主、社民、共産、国民新の4野党は反対票99を投じ、結果は賛成多数で可決、国民投票法が成立。昭和22年5月の現憲法施行から60年。時を経て、憲法改正