<< 支那のやり口 | main | 警察官の鏡 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

また一つ同和利権の膿が

勤務実態なく給与800万円 大東市の人権団体職員
 大阪府大東市の補助金で運営されている人権啓発団体「ヒューネットだいとうが、過去5年間にわたり、勤務実態がない男性職員(57)に年間約800万円の給与やボーナスを支給していたことが6日、分かった。この団体の運営費年間1300万円は全額が市の補助金だが、この職員は実際には別の人権啓発団体で勤務していた。市は「市民に説明責任を果たせない」と謝罪、勤務や給与形態の見直しを検討する。

 市によると、ヒューネットは平成14年春、市同和事業促進協議会の解散に伴って発足。
 同和団体「全日本同和会」大東支部など22団体で構成し、人権啓発の冊子作製や講演などを行っている。

 この職員は全日本同和会大東支部の顧問。毎朝、ヒューネット事務局がある市啓発推進課に立ち寄ると、すぐに「職務免除願」を提出、実際には自身が事務局長(無報酬)で相談業務などを行う「市野崎地域人権協議会(地域協)」で勤務していた。ヒューネットの実際の事務は市職員が行っていた。

 会見した新垣康男・人権推進部長は「同和問題の経験やノウハウを生かしてもらおうと採用したが、実態として地域協の仕事に軸足が移っていた。地域協の勤務分も給与を支払うのは誤解を与えると思う」と釈明した。
(2007/02/06 15:53)

 市同和事業促進協議会の解散
   ↓
 ヒューネットだいとう発足

一体何が変わったんだい? 実質、名前を変えただけ? 市民を欺く目くらましか?

 単純計算で、年間800万円×5年間 = 4000万円 ですか?
で、どうするの? 返還してもらうの?大東市さん?
posted by: Nanyasore | 同和利権 | 18:26 | comments(2) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 18:26 | - | - |
コメント
 
2007/02/06 6:51 PM
Posted by: ポンタ
関西というのはどうしてこのようなものがあるのでしょうかね。やはり歴史的なものあるのでしょうか?
2007/02/07 9:58 AM
Posted by: Nanyasore
ポンタさん、ようこそ。
 もとを正せば江戸幕府の身分制度(士農工商、エタ、非人)からかも知れませんが、関西には多いですね。墓守(古墳も含まれる)や動物の死骸・解体処理、皮革関係の仕事に従事させられていた人達は住む場所が限定され、酷い差別を受けてましたから、その名残が今も関西地方には残っていますね。歴史的なものだとおもいます。
 現在では、住む場所も自由だし差別はほぼ解消されているにもかかわらず、このように同和利権を貪るから腹が立つんですよね。
 被害者面して金をせびる・・・一部の在日朝鮮人と同じ穴の狢(むじな)だと思いますね。









トラックバック
 
http://nanyasore.jugem.cc/trackback/765