<< さてさて誰の代弁かな? | main | さすが赤化統一前の南朝鮮はひと味違う >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

参院特別委可決 キタ━━(゚∀゚)━━!!!

教育基本法改正案、参院特別委で可決
 安倍内閣が最重要法案と位置づける教育基本法改正案は14日午後の参院教育基本法特別委員会で、自民、公明両党の賛成多数で可決した。

 改正案は15日の参院本会議で可決、成立する見通しだ。

 改正案については、14日も質疑が行われたが、予定されていた質問者の質疑の終了を受けて、与党が採決を求める動議を提出した。

 改正案は、前文と18条で構成される。公共の精神や伝統と文化の尊重を強調するとともに、生涯学習などの条項を新設した。また、教育目標に「我が国と郷土を愛する」態度を養うことなどを掲げた。改正案が成立すれば、1947年に教育基本法が制定されてから初めての改正となる。
(2006年12月14日18時17分 読売新聞)

 明日、本会議で可決されれば成立です。

日教組の皆さん、コミニストの皆さん、街頭演説、ビラ配り、お・つ・か・れ・さ・ま (´ー`) 

【12/15追記】
 民主、共産、社民、国民新の野党4党は15日午前、安倍内閣不信任決議案と麻生外相の不信任決議案を衆院議長に提出したため、与党は採決引き延ばしを警戒して、会期を19日までの4日間延長する予定。
 15日午後の衆院本会議で会期延長を議決(可決しました)
  ↓
 同日午後の衆院本会議で不信任案を採決(否決しました)
  ↓
 同日午後の参院本会議で教育基本法改正案と防衛庁の省昇格関連法案を議決
  ↓ 
 15日中の可決成立へ (防衛庁の省昇格関連法案可決しました)
posted by: Nanyasore | 教育基本法 | 18:27 | comments(7) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 18:27 | - | - |
コメント
 
2006/12/14 6:33 PM
Posted by: パパイヤ
本当ですか。うれしい。nanyasoreさんありがとう。時間切れで、国会延長かと思ったよ。これで、少しずつでも、日本の教育が正常することを願うばかりです。
2006/12/14 7:57 PM
Posted by: pika
コレは良いニュースですね!

教育の正常化は「法改正後」からが本番ですけども、まずはスタートラインに立つことですからね。

改正案には物足りなさも感じますが、まずはGHQ史観に毒された法律が一つ改正されることを喜びたいです。
2006/12/15 1:38 AM
Posted by: nanyasore
パパイヤさん、pikaさん、ようこそ。
 まだまだ安心できません、ミンス党&その他少数党が明日、内閣不信任案を出して成立を阻止するようです。
 会期延長は避けられないのではないでしょうか。
 今更ジタバタするなよ、ミンス党さん。それとも、支持母体へのジェスチャーかな。
 ホント、支持できない政党になってきたよ。呆
2006/12/15 9:53 AM
Posted by: やや右寄り?のベル
コレだけ教育現場が荒廃しても、まだ日教組の反日活動を支持しようとするんだから「何でも反対!社会党」の正当な継承者であると認定して上げたくなります。

民主党は独自案まで作っていながら、小沢さんの選挙に勝つことを徹底する戦略に方針変更して、議論や折衝を放棄しましたからね。もっとも党内の声がバラバラなだけでなく正反対を向いているから、小沢さんといえどもまとめようがなかったでしょうがね。

それにしても教育基本法の改正は、子供たちの教育現場で反日活動をする輩を排除するのに大いに役立つでしょう。それだけでも可決の意味があります。

日教組よ。自由を主張したいなら、まず公務員を辞めろ!
2006/12/15 1:11 PM
Posted by: ポンタ
大丈夫かな。油断するなよ。二階よ!実は、俺あんまり法案の中見知らないの(^^)でも日教組があんなに反対しているなら、これはいい法案だと思ってね。直感だよ。小泉さんだよ!
2006/12/15 6:17 PM
Posted by: Nanyasore
やや右寄り?のベルさん、ポンタさん、ようこそ。
 やりました。可決成立ですよ!

 
 
2015/04/24 11:21 AM
Posted by: Mitch
YES! I finally found this web page! I’ve been looking just for this article for so long!!









トラックバック
 
http://nanyasore.jugem.cc/trackback/739