<< 逮捕キタ━━(゚∀゚)━━!!! | main | SK−兇匹海蹐犬磴覆い世 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

今日午後委員会採決!?

イザ:【正論】八木秀次 教基法は教職員の法令遵守が眼目

06/11/10 05:05
■左派系教職員組合の影響力排除を
 ≪「愛国心」盛り込む意味≫
 教育基本法の改正案が衆議院に上程され、審議が行われている。今のところ、いじめや高校の必修科目の履修漏れに時間が割かれ、本質的な問題は後回しにされている。
 メディアは相変わらず法案にある「愛国心」に関心があるようだが、政府案の「愛国心」は「伝統と文化を尊重し、それらをはぐくんできた我が国と郷土を愛するとともに、他国を尊重し、国際社会の平和と発展に寄与する態度を養う」とし、表現も控えめで、5つある教育目標の最後に置かれたものに過ぎない。
 私などには物足りないが、この程度のものが改正反対派からは大問題のように騒がれている。いわく「戦争をする国」への大転換、戦争を担う「お国のための子ども」をつくる狙いだ、国家主義・軍国主義・ファッショへの道だ、等々。十年一日の如く変わらぬ台詞(せりふ)でうんざりする。もちろん為にする議論だ。
 愛国心の涵養(かんよう)については、既に学習指導要領で規定されている。例えば小学6年生の歴史学習の目標には「我が国の歴史や伝統を大切にし、国を愛する心情を育てる」とある。しかし、この法的拘束力を持つ指導要領に反する指導が教育現場では横行しているために、上位法である教育基本法で規定せざるを得ないのだ。
 教育現場がどこの国でも行われている自然な愛国心の涵養をしているのであれば、その必要はないが、「国を愛する心情」どころか「国を憎悪する心情」を育てているがゆえにあえて法律で規定せざるを得ないのである。
 ≪日教組や全教の影響力大≫
 このような事態に至った背景には言うまでもなく、左派系の教職員組合の存在がある。組織率は低下したとはいえ、日教組や全教など、いまだにマルクス・レーニン主義を信奉する教職員組合が我が国の教育界では大きな影響力を振るっている。その組合が組織の運動として「日の丸・君が代」反対闘争や反戦教育、反日自虐教育をしているがゆえに、いくら学習指導要領で愛国心の涵養を規定しても実効力がなかったのだ。
 あまりはっきり言う人はいないが、今回の教育基本法改正の眼目の一つは、この左派系教職員組合の影響力を排除し、教育の主導権を国民の手に取り戻すことにある。 冷戦が終焉(しゅうえん)して15年以上も経つのに、我が国の教育界には依然として「東側」、いや38度線の北側に位置する勢力が大きな影響力を持ち続けている。そして税金を使って、国家の転覆を考えるような子供や日本に帰属意識を持たない子供を大量生産している。それを正常化するのが教育基本法改正の目的の一つなのだ。
 その意味で改正法案の大きな目玉となるのは「教育は、不当な支配に服することなく、この法律及び他の法律の定めるところにより行われるべきものであり」とする第16条第1項前段の規定である。 
 現行教育基本法第10条第1項の「教育は、不当な支配に服することなく」の規定は、文部科学省や教育委員会の教育内容への関与を「不当な支配」として排除し、左派系教職員組合や連携する外部団体の文字通り“不当な支配”を招いたいわく付きのものだが、そこに法律の縛りをかけることによって、教育は法令に基づいて行われなければならないことを規定するものだ。
 ≪「不当な支配」とは何か≫
 東京都教育委員会の国旗国歌指導をめぐる9月21日の東京地裁判決でも明らかになったが、現行法の第10条第1項の規定は教育公務員たる教職員が法令を遵守(じゅんしゅ)しないことを正当化する根拠となり得る。学習指導要領は「入学式や卒業式などにおいては、その意義を踏まえ、国旗を掲揚するとともに、国歌を斉唱するよう指導するものとする」と、教職員に児童生徒への指導を義務付けているのに、それを遵守せず、入学式や卒業式に「日の丸」にバッテンをしたTシャツを着てきたりサンダル履きで出席した教職員を処分することが「不当な支配」とされたのだ。
 この一事をもってしても現行教育基本法では教育界の正常化は難しい。そこで「この法律及び他の法律に定めるところにより行われるべきものであり」との文言を付け加え、教職員に法令遵守の徹底を求めようというのである。
 必修科目の履修漏れでも明らかなように、教育現場の遵法意識は低い。 それが国旗国歌の問題や勤務時間中の組合活動、露骨な選挙運動という違法行為にも繋がっている。
 左派系教職員組合の影響力を排除し、教育界を正常化するためにも早期の教育基本法改正が望まれる。(やぎ ひでつぐ=高崎経済大学教授)

 よく考えたら自分自身、なぜ教育基本法を改正するのか、その理由がいまいちわからなかった。
少し古い記事だけど、これを読んで真の目的がわかった。
 それは、端的に言うと教育現場からのレッドパージ(共産主義者の追い出し)。

 マスコミは、「愛国心」がどうのこうのと言っているが、改正の真の目的はこれだね。

「愛国心」なんて法律の条文に敢えて入れる必要はないと思う、法律以前の当たり前のことなんだから。法律の条文に入れなきゃいけないこと自体が異常ではないのか、そんな気がする。

 今日の採決は、強行採決になるのか?私自身、目的がわかった以上、野党が抵抗するなら強行採決すべし!! 


【追記】 与党単独採決でした。
教育基本法改正案、与党単独で可決 衆院特別委
 安倍晋三首相が今国会の最重要法案と位置づける教育基本法改正案が15日夕、衆院教育基本法特別委員会(森山真弓委員長)で自民、公明両党の与党単独で採決、可決された。16日の衆院本会議で可決、参院に送付される。野党は採決に反発し欠席した。

 改正案は昭和22年の教育基本法施行以来、約60年ぶりに全面改定した内容。ただ、民主党などは参院に改正案審議のための特別委を設置することに反対するなど、抵抗を続けると予想される。

 衆院特別委はこの日午前に中央公聴会、午後に締めくくり総括質疑を行ったが、民主、共産、社民、国民新党の野党4党は「採決前提の質疑には応じられない」と総括質疑への出席を拒否。

 与党側は委員会を一時休憩して野党議員の出席を求めたが、野党側が応じなかったため「通算で100時間を超える審議を行っており、一定の結論を得るのは国会の責務だ」(公明党の斉藤鉄夫政調会長)と判断し、採決に踏み切った。
(11/15 17:35)


【11/16追記】
 教育基本法改正案が衆院を通過 与野党対決強まる
 安倍政権が今国会の最重要課題と位置付ける教育基本法改正案が16日午後の衆院本会議で、与党などの賛成多数で可決、参院へ送付された。野党は採決に反対し、欠席した。与党は12月15日までの今国会会期内の成立に全力を挙げるが、野党は成立阻止に向け対決姿勢を強めており、厳しい国会運営を強いられることになる。

 教育基本法改正案は前文と18条で構成。教育の目的で「伝統と文化の尊重」や「わが国と郷土を愛する態度を養う」「豊かな情操と道徳心と培う」など5項目の目標が明記された。

 また、「立派な法律だが、どこの国の法律か分からない」(自民党関係者)との指摘された現行法を改め、前文に「公共の精神の尊重」や「伝統の継承」を盛り込んだ。

 社会構造や意識の変化に伴い、「生涯学習の理念」「家庭教育」「幼児期の教育」「学校、家庭及び地域住民などの相互の連携協力」のほか、大学や私立学校に関する条項が新設された。義務教育規定では、現行の「9年の普通教育」という年限を削除、別の法律を制定もしくは改正し、定めることとした。

 教育行政では、日教組などが、国旗・国歌を尊重するよう求める教育委員会の指導や監督に反対する根拠として使われてきた現行法10条の「教育は、不当な支配に服することなく」との部分はそのまま残った。ただ、法令順守を求める条文が追加され、国旗・国歌反対運動などに一定の歯止めがかかりそうだ

 伊吹文明文部科学相は衆院教育基本法特別委員会の質疑で「法律に基づいて行われる教育行政は『不当な支配』に属さず、正当なものだ」と説明している。
(11/16 15:51)

 衆院を通過しました。野党の欠席にどんな意味があるんだ?職場放棄か?
posted by: Nanyasore | 教育基本法 | 10:06 | comments(4) | trackbacks(6) |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 10:06 | - | - |
コメント
 
2006/11/15 12:00 PM
Posted by: くまきち
私、じっくり書きたくてもなかなか時間がなくて書けないテーマがあるんです。それは『民主主義なんて左翼思想だ』って事。こんなもの所詮毛唐の思想です。あとよく日本は立憲君主制と言われてますが、実は本来の意味のそれには当てはまりません。君主は憲法ごときなぞに縛られないのです。
自由・平等・権利を金科玉条的に掲げるバカがあまりに多い昨今、その言葉通りに多数決による民が主である社会が完全化してしまうと、フランスのように民の手で国王の首がチョン切られてしまう等のとりかえしのつかない事態も起こり得てしまいます。そもそも話し合い(議会)なんてもんは「わかる大人がわからない子供に教えてあげるためにわざわざ与えてあげている場」でもあります。義務教育のように、わからない子供には無理にでも学ばせる、強制的に叩き込む、そうじゃなきゃダメなんです思考が幼いんですから。
与党の強行採決大いに結構!!言論弾圧??んなもん当たり前です、左巻きな子供にモノ言う自由・権利などないのですから。黙ってベビースター・ラーメン喰ってりゃいいんです。(以上、携帯から脊髄反射で失礼致しました)
2006/11/16 11:11 PM
Posted by: nanyasore
くまきちさん、ようこそ。
 『民主主義なんて左翼思想だ』っていうのは、何だか新鮮ですね。
 今度、是非とも書いて下さいよ。

 私は左翼思想、特に共産主義なんて、所詮、絵に描いた餅だと思っています。そんな理想論なんて、地球上の人間には無理、絶対無理と思ってますけど。現に、恐怖政治しか生まないし。

 時間を見つけて持論を是非ともブログにアップして下さいな。
2006/11/17 10:31 AM
Posted by: やや右寄り?のベル
>野党の欠席にどんな意味があるんだ?職場放棄か?
正論。議席数で過半数を下回っているのは誰もが知っている事なんだから「ココをこう変えて欲しい」「この部分だけは認められない」など、自分達の提案、意見を改正案に少しでも反映させる努力をすべきなのに。

職場放棄した分は奈良の病欠偽装職員と同様に「給与返還」してくれるんでしょうね、小沢さん?
2006/11/17 6:03 PM
Posted by: Nanyasore
やや右寄り?のベルさん、ようこそ。
 仰るとおり。
提案や意見、議論をしないなら、国会議員の資格無し。歳費を受け取る◇も無し。
次回の選挙には出ないでほしい・・・ホント









トラックバック
 
http://nanyasore.jugem.cc/trackback/718
 
2006/11/15 10:47 PM
Posted by: 閣下の憂鬱
教育再生への第一歩
教育基本法改正案が衆院特別委員会で可決されました。 戦後60年、もはや根っこまで腐りきった日本の教育を再生させるための第一歩が踏み出された訳です。 教育基本法改正案、衆院特別委で可決(読売新聞) 政府・与党が今国会の最重要法案と位置づける教育基本法改正
2006/11/16 1:38 AM
Posted by: ★★反日ブログ監視所★★
教育基本法改正案を可決
国会をズル休みする国会議員に教育を語る資格無し!国会への出席拒否は税金泥棒だ!国会に出る気のない国会議員は今すぐ議員をやめてしまえ!
2006/11/16 2:00 PM
Posted by: 加賀もんのブログ
【教育基本法】少数の横暴を許さず、粛々と成立を!
教育基本法 改正案が衆院教育基本法特別委員会で与党単独で採決、可決された。 以下、産経新聞(iza)の記事 『教育基本法 改正案を与党が単独可決、衆院通過めざす』 安倍晋三首相が今国会の最重要貌と位置づける教育基本法 改正案が15日夕、衆院教育基本法特別委員
2006/11/16 6:34 PM
Posted by: ぱっとんな日々
党利党略のために国民・教育を軽んじる民主党
[「教育」衆院採決]「野党の反対理由はこじつけだ」(読売新聞)  「やらせ質問」も「いじめ自殺」も、それを採決反対の理由に挙げるのは、こじつけが過ぎるのではないか。  教育基本法改正案は、衆院特別委員会で採決が行われ、賛成多数で可決した。きょう衆
2006/11/18 9:56 AM
Posted by: 「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!
■週末の学び11/17「什の掟」〜ならぬことはならぬものです〜
教育再生のヒントは歴史に!会津藩にあり!
2006/11/18 3:39 PM
Posted by: Moon of Samurai
今週の極東情勢 20061112〜20061118
 最近、自分の命を人質にとっての脅迫活動が流行っているようです。石原都知事も被害に遭いました。いじめ問題は真剣に受け止めなければならないのに、マスコミがセンセーショナルに書き立てるばかりだからこういう馬鹿が増