<< 突っ込まずにはいられない | main | 不謹慎な紅の傭兵 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

今日は適切な日

首相靖国参拝:「今日は適切な日」小泉首相、理由を説明
小泉純一郎首相は15日午前、終戦記念日の靖国神社参拝について「8月15日を避けても批判、反発は変わらない。いつ行っても同じだ。ならば今日は適切な日ではないか」と述べ、01年の自民党総裁選時の公約実現を優先した理由を説明した。首相官邸で記者団の質問に答えた。

 近隣諸国への配慮から「8・15」を見送ってきた過去5年の参拝との整合性に関しては「最初、多くの方々が8月15日だけはやめてくれと言ってきた。そういう意見も聞かなきゃいかんなと、あえて15日を避けて参拝してきた。しかし、いつ行っても騒ぎにしようという勢力がいるんですから」と強調した。

 また、首相は中韓両国の反発について「中国や韓国の言うことを聞けばアジア外交が良くなるとは思わない」と主張。A級戦犯合祀(ごうし)問題に関しては「戦没者全体に哀悼の念を表すため参拝している」と説明し、憲法違反との指摘には「思想信条であり、心の問題だ」と語った。

 本殿に上がるなど04年以前の参拝形式に戻したことについては「今日は(日本武道館で)戦没者追悼式もあるし、千鳥ケ淵の戦没者墓苑にもお参りするし、その時にはこの服装(モーニング)で行くし、きちっと本殿に参拝するのが適切と思った」と説明した。【中澤雄大】
毎日新聞 2006年8月15日 11時22分 (最終更新時間 8月15日 11時27分)

 ようやく、公約を実現しましたね。小泉さんGJ!
私自身、別に15日にこだわりませんが、中韓がやかましく言ってくるなら言って来るほど、行くべきと思っていました。そういう意味ではGJ!です。
 靖国問題を「外交カード化」させてはいけません。「・・・したら問題ない」とか、「分祀しろ」とか、外国からとやかく注文を付けられる筋合いはありません。

 さあ、どうするのかな、支那さん、朝鮮さん。

 強硬な対応をお願いしますよ。ワクテカ (ワクワクテカテカの略)

前の大戦で祖国日本のために散華された戦没者の皆様に哀悼の意を表すともに、心よりご冥福をお祈り致します。 平成18年終戦記念日
posted by: Nanyasore | | 11:54 | comments(13) | trackbacks(9) |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 11:54 | - | - |
コメント
 
2006/08/15 1:52 PM
Posted by: やや右寄り?のベル
小泉さんがかねてから繰り返し言っていたように「適切に判断する」と言っていたが、8月15日を「適切な日」としたのは賞賛に値する。
中国・韓国であれ、民主党であれ、どのような反論・反応を示すか期待したい(笑)。
2006/08/15 3:29 PM
Posted by: pika
 「あの戦争」が終わった日ですから、愛する人たちのため・祖国のために亡くなった方々を慰霊・追悼するのに「適切な日」ですよね。
 また、「平和を祈る」にも適切な日です。どこかのブログにコメントがありましたが、「戦争賛美」や「軍国主義の復活」を目指すなら、12月8日(真珠湾攻撃・日米開戦日)や2月15日(記紀に基づく建国の日)に参拝するはずですから。

 しかし・・・いろいろな視点の中から、戦争目的として「大東亜の開放」が認められるならば、12月8日が何らかの記念日になってもおかしくないですけどね。

※以下、12月8日についての記事
………………………………………………………………
1973年にタイの首相になったククリット・プラモード氏は、「サ
イヤム・ラット」紙の主幹だった頃、「12月8日」と題した次の
ような記事を書いている。

 日本のおかげで、アジア諸国はすべて独立した。日本という
お母さんは、難産して母体をそこなったが、生まれた子供はす
くすくと育っている。今日、東南アジアの諸国民が、米・英と
対等に話ができるのは、いったい誰のおかげであるか。それは
身を殺して仁をなした日本というお母さんがあったがためであ
る。12月8日は、われわれにこの重大な思想を示してくれた
お母さんが、一身を賭して、重大な決心をされた日である。我
々はこの日を忘れてはならない。
………………………………………………………………
こればっかりは、アメリカの保護国という立場から独立しないと実現しないでしょうが。
2006/08/16 12:28 AM
Posted by: nanyasore
やや右寄り?のベルさん、ようこそ。
 相変わらずの小泉批判ばかりのコメントでしたね。想定の内の反応でしたが、加藤"紅"一氏の自宅が放火されたのにはビックリしましたが。
 たとえ、加藤氏が媚中派で我が国の国益に反する言動をしたとしても、あくまで言論で反論すべきであって、テロ行為はいただけませんね。
 
pikaさん、ようこそ。
 元タイ首相のククリット・プラモード氏の言葉は、深く心に残りますね。多大な犠牲を払った大東亜戦争が無駄ではなかったと、我々日本国民が言うのではなく、東南アジアの国から言ってもらえるのはありがたいことです。
 
2006/08/16 8:41 PM
Posted by: マグカップ
TBありがとうございます。
加藤氏の自宅が放火になりましたね。
仰る通り思想的に相反しても、だからと言ってテロ行為は社会的に認められるものではありません。
それがどんなに崇高な思想であっても、反社会的行動には賛同することは出来ませんね。
犯人と思われる人は亡くなったみたいですが、他に被害者が出なかったことがせめてもの救いです。
2006/08/16 11:14 PM
Posted by: mug
ネット上では小泉さんの今回の行動を賞賛する声が多いですね。
私も賞賛の一人です。

さて、ソースを今探していたのですが見つからなかったので、概要だけ書いておきます。
ネット新聞では今回の靖国参拝に対して以下のような記事がありました。

「今回の小泉首相の靖国参拝はマスコミは反対、ネット上では賛成と言ったように賛否が二分に分かれている。
『賛成』としているのは主に若者が多く、原因としては10〜20代のブロガーの多くが賛成という意向だからだ」

だそうです。
two chのコメントなんかもあったのですが、『原因』って言葉を使うことで「賛成すること」を否定するような印象を受けました。

しかし、非常に興味深いのは産経以外は全ての新聞が否定と言うこと。
果ては東大の哲学専攻教授まで出てきて「事実を見つめ直すべきだ」。

前にnanyasoreさんが仰っていたように私たち『若者』は『事実』を知りたいのであって、一方的に「悪から謝れ」と言われてヘコヘコしてられるか!が今回の賞賛組を生んでいるんだと思います。

面白いのが中国と韓国の記事(また概要だけで申し訳ないです)。

「中国政府は今回の参拝に対しては批難はするものの、国内でのデモなどは抑制した。
高まる反日感情が政府へ向かわないことを懸念したようだ」

「ソウル市内でデモを行っていた若者の一人は小泉首相とノムヒョン大統領にマイウェーを歌ってあげた」

両国とも国民はバカではないってことですね。
日中韓の国民のストレスは安倍が解消してくれることを祈ります。

※ソースを探しておきます
2006/08/17 10:13 PM
Posted by: nanyasore
マグカップさん、ようこそ。
 犯人死んだんですか?警察は回復を待って事情聴取って言ってたけど。
 お母さんが外出中で本当によかったです。

mugさん、ようこそ。
 新聞で調査したのは読売だけ?
アサピーはしなかったのかな?それとも、したけど結果が思う通りに行かなかったので、抹殺ですか?笑

 ネット新聞って、どこなんでしょ? 「原因」って、仰るようにちょっと引っかかりますね。

 今回のことは、小泉首相の記者会見がすべてだと思います。
 だけど、安倍さんはどうするのかちょっと心配。小泉さんを踏襲してほしいところですが、党内の根回しは如何に・・・
2006/08/18 12:11 AM
Posted by: mug
ソース見つけました。

http://www.j-cast.com/2006/08/16002557.html

ニュースと言うよりはゴシップですね。
暗に「若者は主張を持たないから誰かが言ったことに同調しているだけ」ともとれるような。

毎回、裏付けや定性の取り方、文面などが幼稚なのですが切り口が面白くて読んでいました。
んでも、これはちょっと主張にこじつけてるだけのような気も…

中でも『なぜ、新聞各紙とネット上では、首相の靖国参拝をめぐる賛否がこれほど極端に割れているのか。』って唐突過ぎますし比較できるのかも疑問ですし…

ソースのつもりがソースレベルでもないような…
2006/08/21 6:35 PM
Posted by: やや右寄り?のベル
小泉批判は多かったけど、3つのポイントに「なるほど」と思える反論を言えたコメンテイターは居ませんでしたね。
小泉さんGJ!!!

ところで民主党、共産党、社民党の反小泉コメントは扱いが小さかった気がしませんか?
何一つ新しい事は言えず批判ばかりなので、マスコミすら相手にしなくなったのでしょうか?

そして中国も韓国も予想されたほどには反論しませんでしたね。マスコミより日本世論の動向に敏感のかも知れませんね(笑)。

特亜を除くアジア各国も、参拝に対しては概ね肯定的だったしね。
2006/08/22 11:42 AM
Posted by: Nanyasore
mugさん、ようこそ。
 ゴシップレベルでも、そうはずしいるとは思えませんが。
 コメント欄も真っ当な気がしますが。

やや右寄り?のベルさん、ようこそ。
 ご指摘の通りですね。15日に参拝したにもかかわらず、批判側は大した成果が得られなかったようです。笑

 15日に靖国で全学連がバスで乗り付けたところを、一般市民にボコられてバスに押し戻されていたのには笑わせていただきましたが。
2006/08/22 11:26 PM
Posted by: mug
覗いていただいてありがとうございます。

このソースはどちらの考えなのかが読み取れなかったのが私の問題でしたね。
何度か読み直してみたのですが、どうしても最後の件から「若者=支持者」という臭いに納得いきませんでした。

某D元議員などの「今の日本は歴史に対して不誠実で勉強しない」って言葉がリンクしてしまったんでしょう。

ちょっと自分でも冷静に考えてみます。
2006/08/24 12:40 AM
Posted by: nanyasore
mugさん、ようこそ。
 若者だけが支持者じゃないという意味でしょうか?
 ネットをする人達は若者だけじゃないと?
 そういう意味で決めつけているところは、確かに違和感はあります。
 第一、私は若者じゃないですし 笑
2006/08/24 11:48 PM
Posted by: mug
ご返答ありがとうございます。

いえ、私が思うのは今まではマスコミが言えば、読者って従順だったと思うんですよ。
私自身、昔は「靖国参拝なんてやめれば良いのに」って思ってましたし。

その理由としては、マスコミから入ってくる情報以上のものをなかなか手に入れられなかったからですね。

しかし、ネットのおかげで、こうして見たこともない人とお話ができる。
その中には真実も混じっているのかもしれません。

そこから取捨選択(または都合良く解釈を)して方々で論争が起きるのでしょうが、それを「若者」や「戦争を勉強しない」と言った言葉を使って全否定しようとしているのが、どうも気に入らないんですよね。

私も決して若くはないんですけどね(笑)。
とりあえず、戦争を理由にウダウダ言ってくるなら自国をどうにかしろ(for中国)、60年前のことをウダウダ言いたいなら30年前のことを清算してからにしろ(for韓国)という感じですね。
D元議員ももう日本にはいらないから、あのまま帰ってこなきゃ良いのに…
2006/08/25 6:09 PM
Posted by: Nanyasore
mugさん、ようこそ。
 おたかさん、また捨民党に担がれて来年の参院選に登場するとかしないとか。
 「頑固に平和」って、平和、平和って言ってたら、平和になるとでも思っているのか・・・頭の中がお花畑だったら、戻ってこなくても、半島で暮らせばいいのにねぇ、同類項がいっぱいいるのに









トラックバック
 
http://nanyasore.jugem.cc/trackback/633
 
2006/08/15 9:19 PM
Posted by: 「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!
日出る国の小泉総理 靖国に参る つつがなきや
やってくれました! 今日は歴史に残る一日になりました 私も行っておりました。靖国神社へ!
2006/08/16 12:57 AM
Posted by: 英語の本を原書で読みたい!
小泉総理、靖国神社参拝の英語の記事!!
小泉純一郎首相の靖国神社参拝ですが、アメリカのニュース記事にもなっているようです。 Japanese leader prays at war shrine Prime Minister Junichiro Koizumi made a pilgrimage Tuesday to a Tokyo war shrine reviled by critics as a symbol of militarism
2006/08/16 1:12 AM
Posted by: 一言居士!スペードのAの放埓手記
小泉総理の靖国神社参拝について!〜個人の自由だと思います
小泉純一郎首相の靖国神社、8月15日参拝は、結構ニュースでも取り上げれており、因果関係は分かりませんが加藤紘一さんの自宅が全焼するという物騒なことにもなっていますが、正直、ここまで大騒ぎすることのようにも思えません。(靖国神社などについては、以下に続
2006/08/16 1:27 AM
Posted by: Y's WebSite : Blog 〜日々是好日〜
小泉首相 靖国神社参拝〜終戦記念日に〜
「適切に判断」した結果、8月15日となったようですね。 日本中(特にマスコミ)が注目する中、小泉首相が「終戦記念日」の8月15日朝、靖国神社を参拝しました。9月で任期を向かえ、退陣を控えた小泉首相ですが、在任中最後の参拝で、2001年の自民党総裁選で公約に掲げ
2006/08/16 1:52 AM
Posted by: 花は桜木・山は富士
小泉首相は最期の花道を飾りましたね
小泉純一郎首相は15日午前7時45分すぎ、東京・九段北の靖国神社を参拝した。 小泉首相が8月15日の終戦記念日に参拝するのは初めて。 現職首相の終戦記念日の参拝は昭和60年の中曽根康弘元首相以来21年ぶり。
2006/08/16 6:05 AM
Posted by: 諸葛川
日中友好のために その7
<首相靖国参拝>小泉首相、靖国神社に参拝 中国や韓国だけが参拝に反対している靖国神社。 毎年8月15日は、靖国神社や第二次大戦について考えさせられます。 靖国神社に参拝することの是非、中国や韓国との関係は大事だと思います。 発展著しい中
2006/08/16 9:08 PM
Posted by: 閣下の憂鬱
靖国参拝
今朝、小泉首相が公約通りに靖国参拝されました。時間が無いのでとりあえず速報を。 小泉首相が靖国神社参拝 終戦記念日は初(産経新聞) ≪モーニング姿で一礼、私費で献花料3万円≫ 小泉純一郎首相は15日午前7時40分すぎ、東京・九段北の靖国神社を参拝した。
2006/08/17 10:59 PM
Posted by: 陶芸ブログ 炎と土にたわむれて 
首相靖国参拝
[首相靖国参拝]61年目に騒然 祈りの日、賛否の思い交錯  61回目の終戦の日を迎えた15日朝、一段と強まる雨の中、小泉純一郎首相は靖国神社を参拝した。01年自民党総裁選での公約を優先して、任期中最後の8月15日を参拝の日に選んだ首相。その姿を、靖国で
2006/08/18 4:32 AM
Posted by: 浮 世
小泉首相、靖国神社に昇殿して参拝
小泉首相、靖国神社に昇殿して参拝 小泉首相は終戦記念日の15日朝、東京・九段北の靖国神社に参拝した。現職首相による終戦記念日の参拝は85年の中曽根康弘元首相以来21年ぶり。小泉首相は就任前に8月15日の参拝を公約していたが、過去5回は時期をずらしてい