<< ショービジネスでつか? | main | 未だに戦勝国面(づら)する南朝鮮 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

公約を実現するのか!?

読売:首相、15日軸に靖国参拝検討…中国に譲歩せず
小泉首相は、9月の退陣までに靖国神社を参拝する意向を固めた。8月15日の終戦記念日を軸に検討している。

 就任以降、続けてきた年1回の参拝を継続し、参拝に反発して首脳会談を拒否する中国の要求に屈する形になるのを避けるべきだと判断した。

 一方、「ポスト小泉」の有力候補である安倍官房長官は、15日の参拝は見送る方針だ。

 首相は2001年の就任当初、8月15日の参拝を明言していた。その後、対外的な配慮などで日付はずらしながらも、年1回の参拝は続けてきた。

 首相は3日夕、首相官邸で記者団に、「賛否両論ある中で、私は靖国神社に参拝することがいけないと思っていない。なぜ批判するのか分からない」と強調した。15日の参拝に関しては、「『適切に判断する』としか言わないことにしている」と語るにとどめた。首相は7月、昭和天皇が靖国神社へのA級戦犯合祀(ごうし)に不快感を示し参拝を中止したとする元宮内庁長官のメモが明らかになった際も、自らの参拝への影響を否定した。

 3日付の小泉内閣メールマガジンでも、靖国参拝を、「私の思いに基づくもの」と記すとともに、「日本の平和と繁栄は、戦没者の尊い犠牲の上に築かれている。この思いを抱きつつ、今年も広島と長崎の式典に参列し、8月15日の全国戦没者追悼式に参列する」と明記している。

 首相は次の靖国参拝を、広島の平和記念式典参列などと同様に、「戦没者の慰霊・追悼」の一環と位置づけ、国民に理解を求める考えだ。中国の対応を強く批判してきた立場から、任期中の参拝を見送れば中国の主張に譲歩した形となる、とも見ている。

 参拝日は今後、最終判断する考えだが、これまで見送ってきた8月15日の参拝を実現し、首相としての最後を締めくくりたい意向があると見られる。

 一方、例年、8月15日に靖国神社を訪れていた安倍氏は、今回は参拝を見送り、9月の自民党総裁選で靖国問題だけが注目を集めるのを避けることにした。ただ、小泉首相が参拝すれば、中国などが強く反発し、総裁選でも参拝の是非やアジア外交の立て直しが大きな争点となるのは確実だ。
(2006年8月4日3時0分 読売新聞)

 私個人の意見としては、別に8月15日に拘(こだわ)っていません。
戦没者(英霊)は大東亜戦争だけではないから。できれば、春と秋の例大祭に出席する方がいいと思います。

 ただ、小泉さんが8月15日に靖国参拝を公約し、それを中共の横槍によって妨げられたのなら、断固として8月15日に行くべきでしょう。
 外交上の汚点となるばかりか、中共の内政干渉に屈したことになる。

 日本は支那国民党軍とは戦争をしたが、中共(八路軍)とは戦争をしていない。当時、存在しない国からとやかく言われる筋合いはないではないか?
posted by: Nanyasore | | 11:26 | comments(0) | trackbacks(1) |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 11:26 | - | - |
コメント
 









トラックバック
 
http://nanyasore.jugem.cc/trackback/626
 
2006/08/04 11:32 PM
Posted by: まいっちん愚ログ
靖国参拝 嘆かわしい朝ピーの斜説
8月に入りキビシーーーーッ暑さが続いております。 拙ブログに迷い込まれた方々に 酷暑お見舞い申し上げまくりです。 今年は確実に夏バテモードです。 8月に入り、左巻きカール陣営が季節の風物詩とばかり、例によって例の反・靖国、「STOP! THE 靖国」運