<< 交渉決裂 | main | WBCの時のイチローみたい >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

日豪戦の誤審

朝日: 「日本のゴールは正当」 サッカーW杯日豪戦の主審
2006年06月15日06時26分
 サッカーワールドカップ(W杯)の12日の日本―豪州戦で主審を務めたエジプト人のアブドルファタハ氏が、14日付のエジプト紙アルアハラムのインタビューで、「日本のゴールは正当だった」と語り、「豪州の選手に対し、日本のゴールは誤審だったと謝罪した」とする一部の報道を否定した。

 アブドルファタハ氏は「豪州の選手に謝ってなどいない。豪州のDFが日本のFWを押したため、日本のFWが豪州GKとぶつかった」としたうえで、「この場合、日本にPKを与えるか、日本のアドバンテージを取って得点をそのまま認めるかの二つの選択肢があり、私は後者を取った」と語った。

 日本のゴールは正当だったそうです。
正直、高原?のキーパーチャージくさく見えたのですが、豪DFに押されていたんですかね?


毎日:  サッカーW杯:豪州戦で誤審、日本にPK与えるべき 
 国際サッカー連盟(FIFA)のジーグラー広報部長は14日、1次リーグF組初戦で日本がオーストラリアに1−3で敗れた試合の後半に誤審があり、日本がPKを得るはずの場面があったと話した。13日までの1次リーグの14試合でPKがない理由を問われて、この試合だけがPKとなるべきだったと記者会見で答えた。

 ジーグラー部長は1−1の終盤にケーヒルが駒野を倒した場面に言及し「あれは主審の明らかなミスだった」と話した。

 この試合でオーストラリアGKは12日に、中村が挙げた日本の先制点について、エジプト人主審が日本の反則を取らずに「誤審を犯したと語った」と話していた。(ベルリン共同)
毎日新聞 2006年6月15日 1時12分 (最終更新時間 6月15日 7時32分)

 もう済んだことなので、いまさらって感じですが、もしもあの時PKを貰っていたら、少なくとも負けていなかったでしょうね。残念です。

 気持ちを切り換えて、クロアチア戦に全力であたってほしい。
選手達にとってはものすごいプレッシャーかと思いますが、4年に一度しかないチャンス。悔いのない戦いを期待しています。
 
posted by: Nanyasore | ワールドカップ | 10:01 | comments(0) | trackbacks(1) |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 10:01 | - | - |
コメント
 









トラックバック
 
http://nanyasore.jugem.cc/trackback/587
 
2006/06/15 10:16 AM
Posted by: 親父の威厳BLOG.ver
どうも違う。
『北朝鮮人権法案16日成立へ 参院拉致特別委で可決』『FIFAが誤審認める 日本にPK与えるべき』