<< ひどい教科書検定 | main | 安倍さん、政府謝罪を撤回して下さいな >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

支那の故事はすばらしい

4月2日産経抄
昭和五十七年の教科書検定事件は報道各社の誤報から始まった。高校の教科書に初め「日本軍が華北(中国北部)に侵略」とあったのに検定で「侵略」が「進出」と書き改めさせられた、と誤って伝えたのだ。産経新聞以外きちんとした訂正もしなかった

 ▼その罪は大きい。だが、コトを大きくしたのは政府や政治家たちの定見のなさだった。中国、韓国から抗議を受けると右往左往、真偽も確かめないまま、検定を間違いとする官房長官談話を発表する。以後、中韓が教科書問題に介入するきっかけを作ったのだ。

 ▼今年発表の高校教科書検定では、島根県の竹島を「日本の固有の領土」と、記述を改めさせられたケースがあった。誤報ではないし、当然の検定である。これに対し、韓国は日本政府に「遺憾と抗議」を伝えてきた。ここまでは二十四年前と同じような推移である。

 ▼違っていたのはマスコミや政治家の反応だった。ほとんどの新聞は韓国の抗議を伝える記事を、ベタ扱いにしていた。政治家もピクリとも動かなかった。歴史認識と領土問題との相違はあるにしても、四半世紀近い間に日本も外交的に一応の「進化」をしたのだろう。

 ▼しかし、少しもそれを感じさせない人たちもいる。「日中関係を改善するため」と中国へ出かけた日中友好議連などの人たちだ。会談した胡錦濤主席から「(首相が)靖国参拝をやめれば首脳会談に応じる」と「内政干渉」発言を引き出してしまったからである
 ▼今こちらから動けば外交的に利用されるだけなのに、まんまとハマる。しかも団長の橋本元首相らは、ほとんど反論もしなかったという。会談は三十一日だった。「一日早いエープリルフールじゃないの」と言いたくなる稚拙さだった

 さて皆さん、支那の故事のおさらいです。
六韜(りくとう)  古代中国の兵法書。 太公望(呂尚)の教えとされる

「交渉の為に隣国から使者が来て、もしその者が有能ならば何一つ与えず返せ。
 交渉の為に隣国から使者が来て、もしその者が無能ならば大いに与え、歓待せよ。
 そうすれば、隣国では無能な者が重用され、有能な者が失脚する。

 そしてやがては滅ぶ」


 支那の故事はホントすばらしいですね。
国家主席が自ら歓待する日中友好七団体は、無能だと教えてくれてます。

次期自民党総裁には、是非とも支那から冷遇されている人を選ばないといけませんね。支那に優遇されている人は、無能なのだから。笑

どうでもいいけど内政干渉されているのだから、反論ぐらいしてこいよ、ポマード野郎!
posted by: Nanyasore | 教科書問題 | 23:29 | comments(0) | trackbacks(1) |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 23:29 | - | - |
コメント
 









トラックバック
 
http://nanyasore.jugem.cc/trackback/532
 
2006/04/04 12:31 AM
Posted by: 某赤い国Life
高校教科書
産経新聞【主張】高校教科書 領土の明記は評価したい 今日の産気新聞社説 ↓クリックでランキングチェック!! "某赤い国Life 別室”もよろしく!!