<< 今日のサンプロ | main | 今日の小ネタ(支援編) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

アメリカの鏡・日本

産経:  【出版インサイド】『アメリカの鏡・日本』 日本の国の生きざまを学ぶ
 米国で一九四八年に出版され、明治維新から第二次世界大戦の敗戦までの日本の近現代史について書かれた『アメリカの鏡・日本』(ヘレン・ミアーズ著、原題『Mirror for Americans:JAPAN』)の新版(伊藤延司訳)が角川学芸出版から出版された。編集・製作は白子英城さん。東京都千代田区にあるワイン輸入会社の会長だが、歴史に興味を持ち、本業のかたわら、日本の近現代史を研究してきた。

 歴史に興味を持ったきっかけは「真珠湾攻撃をルーズベルトは事前に知っていた、という記事をどこかで読んで、おかしいじゃないか、という素朴な疑問が浮かんできた。そこを出発点に、なぜ、という疑問を積み重ねたら明治維新まで遡(さかのぼ)ってしまった。その過程でこの本に出合いました」という。

 ミアーズは知日派の米国人女性ジャーナリスト。『アメリカの鏡−』は、原爆投下の正当性に疑問を投げかけるなど米国の戦争責任にも言及、当時のGHQ(連合国軍総司令部)が日本での翻訳出版を禁止した本で、占領が終わった昭和二十八(一九五三)年、『アメリカの反省』(原百代訳)という邦題でようやく出版された。白子さんはこの本は知らなかったが、米国にいる友人から教えられた原書で内容を知り、大きな衝撃を受けた。

 「当時の米国が、日本は軍国主義で好戦的で拡張主義だったと主張していたのは大戦中のプロパガンダによるもので、日本には平和主義の伝統があった。天皇制と神道は軍国主義の根源ではない。近代以降、日本が拡張主義をとったのは、西欧文明に学んだからである、と主張している。当時としてはすごいこと」

 多くの日本人にこの本を読んでほしいと考えた白子さんが編集、平成七年に出版した『アメリカの鏡−』は、大学教授が論文に引用するなど、大きな反響を呼んだ。出版社を変えての新版発行は、直接には在庫がなくなったからだが、韓国や中国との歴史認識をめぐる摩擦で、自分の国の近現代史をきちんと教えられていない日本人の弱さを強く感じた白子さんは、今だからこそこの本を読んでほしいという。

 「日本人は客観的な歴史を知らない。だから外国から批判されても相手の間違いを指摘して反論することができない。誤解しないでほしいが、この本は日本がすべて正しいと言ってはいない。いいところ悪いところが、この本ではグローバルな視点で書かれている。これから世界に出ていく若い人に、日本の国の生きざまを知ってほしい

 栫井千春

 以前、左のリコメンドにこの「アメリカの鏡・日本」を入れていた時があったのですが、今日の産経の書評の最後の部分が気に入ったので再度リコメンド。
posted by: Nanyasore | 東京裁判 | 09:38 | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 09:38 | - | - |
コメント
 









トラックバック
 
http://nanyasore.jugem.cc/trackback/332