<< あぁ、支那の走狗なのか・・・ | main | 北も主張!ウリジナルニダ! >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

森岡発言の波紋

もう、完全に出遅れてしまったが、ちょっとだけコメントを。
A級戦犯、国内では罪人でない…森岡厚労政務官発言
森岡正宏厚生労働政務官は26日の自民党代議士会で、小泉首相の靖国神社参拝問題に関連し、「中国に気遣いして、A級戦犯がいかにも悪い存在だという処理をされている。A級戦犯、BC級戦犯いずれも極東国際軍事裁判(東京裁判)で決められた。平和、人道に対する罪など、勝手に占領軍がこしらえた一方的な裁判だ。戦争は一つの政治形態で、国際法のルールにのっとったものだ。国会では全会一致で、A級戦犯の遺族に年金をもらっていただいている。国内では罪人ではない。靖国神社にA級戦犯が祭られているのが悪いように言うのは、後世に禍根を残す」などと発言、参拝取りやめを求める中国などを批判した。

 この発言について、細田官房長官は同日午後の記者会見で、「政府の一員として話したということはあり得ない」と述べた。その上で「事実関係には種々誤りも含まれ、論評する必要はない。(東京裁判の結果については)日本として受諾したという事実がある」と指摘した。小泉首相は同日、首相官邸で記者団に対し、「今そんな発言取り上げてもしようがない。私の(靖国)参拝とは関係ない」と述べた。

 森岡氏は取材に対し、「政府の取るべき立場を申し上げた。首相の靖国神社参拝を後押しする発言が、政府見解と違うということはあり得ない」などと語った。

 森岡正宏厚生労働政務官の発言は、まさに正論だと私は思う。
だが、東京裁判史観に毒された大部分の日本国民は、そうとは思わないでしょうし、不勉強な国会議員はA級戦犯を分祠せよとのたまう、驚くべきことに大勲位の中曽根氏も・・・。
国内では既に決着していることを、外圧を受けたからと蒸し返すのは如何なものかと思う。
主権回復後、戦犯赦免釈放を求める国民運動では4000万もの署名が集まり、1953年(昭和28年)8月3日「戦争犯罪による受刑者の赦免に関する決議」が衆議院で全会一致で可決されているではないか。
 なのに、何故蒸し返されるのか?
良く持ち出されるのがサンフランシスコ講和条約(正式名 日本国との平和条約)第11条。引用すると、
第十一条【戦争犯罪】
 日本国は、極東国際軍事裁判所並びに日本国内及び国外の他の連合国戦争犯罪法廷の裁判を受諾し、且つ、日本国で拘禁されている日本国民にこれらの法廷が課した刑を執行するものとする。これらの拘禁されている者を赦免し、減刑し、及び仮出獄させる権限は、各事件について刑を課した一又は二以上の政府の決定及び日本国の勧告に基くの外、行使することができない。極東国際軍事裁判所が刑を宣告した者については、この権限は、裁判所に代表者を出した政府の過半数の決定及び日本国の勧告に基くの外、行使することができない。

 この11条の「極東軍事裁判所の・・・(中略)・・・裁判を受諾し、・・・」を根拠に、日本は裁判を受け入れたのだから云々という議論になる。
 だが、これは誤訳といわれている。「裁判」なら、「trials」となるところ、原文では「judgements」となっており、これを訳すと「判決」となる。
 「・・・判決を受諾し、・・・」となると、理由はどうあれ、判決を既成事実として受け入れろということになる。
 では何故こんな条項が入ったのかのだろうか。当時の国際法、慣習法では講和条約発効により、戦争犯罪といわれる犯罪は大赦により赦免されるのが慣例であった。だが、それでは連合国が行った東京裁判は反故にされかねない。なので、その残存条項として、極東軍事裁判所の判決通りに刑を執行し、減刑・赦免をする場合は、刑を言い渡した国の過半数の同意がいるという第11条を入れたのだ。
 事後法により「個人」が死刑にされた茶番の判決を受け入れなければ、主権が回復しなかったのだ。
 そして、日本国は律儀にもこの条項を守って、関係11ヶ国の同意を得て、A級戦犯を昭和31年に、BC級戦犯を昭和33年までに赦免した。
 昭和23年12月23日に処刑された7名は、主権回復前にすでに刑の執行は終わっていた。なので刑の執行により、罪は消滅しているのだ。にもかかわらず、死者にまだ罪を着せようと言うのか。死者に鞭を打ち続けるのか。
 A級戦犯の分祠なんて、とんでもない。一度赦免したA級戦犯を日本国民自らの手で、再度罪に問うのか?「永久戦犯」にするつもりなのか!これこそ、支那の思う壺ではないか!
 戦犯云々の話はもう決着済みだ。今蒸し返せば、本当に後世に禍根を残すことになる。森岡正宏厚生労働政務官の言葉は、全くの正論だし、大部分の日本国民の考えもこうあるべきだ。さもなくば、日本国全体の罪を、個人に押しつける愚行を犯すことになる。

 細田長官のいう「事実関係には種々誤り」とはなんなのだ。詳細に知りたいものだ。
 小泉首相の「今そんな発言取り上げてもしようがない。」という発言にも失望させられたね。火消しのためだろうけど。

 朝日の5/28付の社説「東京裁判否定 世界に向けて言えるのか」には、タイトルからして、呆れてものが言えないし、上でコメントしたのであえてするのはやめておこう。
 
 全然、ちょっとだけでは無くなってしまった(^^ゞ

【追記】
 森岡正宏厚生労働政務官のコメント
 近況報告 「A級戦犯」をめぐる私の発言の真意と波紋
posted by: Nanyasore | 東京裁判 | 23:38 | comments(6) | trackbacks(9) |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 23:38 | - | - |
コメント
 
2005/05/30 6:53 PM
Posted by: ひろし
朝日の情報操作はいつものことやね(^^ゞ

マスコミ等から攻撃される森岡氏を皆で守ろうやないか!
2005/05/31 8:32 AM
Posted by: Joe
森岡氏GJですよねぇ
2005/05/31 8:43 AM
Posted by: nanyasore
ひろしさん、Joeさん、ようこそ。
 森岡氏GJ!ですね。でも、こんなことで「GJ!」と言わねばならないところに、日本の「病巣」を垣間見た気がします。「当たり前のことを当たり前に言える」そんな日本に早くしたいと思います。
 私は地道なBlog活動しかできませんが・・・
2005/05/31 7:14 PM
Posted by: pinto
近況報告によると、「東京裁判は国際法上違法であった」というのが、森岡氏の主張のようですね。そうすると、パール判決文などの主張に賛同、追認する形での森岡発言だったのかもしれませんね。いまとなっては国際法を学ぶものでパール判決文に異議を唱えるものはほとんどいないでしょう。朝日新聞は、世界の法学者に喧嘩を売ってるのかと思いますねえ。
ところで、田中正明著「パール判事の日本無罪論」は、推薦書として掲げているのですか?前から興味があって、いつか読んでみたいと思っています。
2005/06/01 10:03 AM
Posted by: nanyasore
pintoさん、ようこそ。
 田中正明著「パール判事の日本無罪論」は本当にお勧めですよ。東京裁判のデタラメぶりが、パール判事の国際法に則った論理的な反論で明らかにされています。決して、日本びいきで判決文を書いた訳ではないこともわかります。
 ↓にちょっとだけ田中氏とパール判事のことが載っています。
http://www.geocities.co.jp/Berkeley/7154/11-2.html
著者田中氏の写真もあります。
パール判事は著者のことを「masaaki-chan」と呼んで、我が息子のように可愛がっていたとのことです。

 パール判事がいなかったら東京裁判のデタラメぶりは隠蔽されたまま、日の目を見ることは無かったかも知れません。
 紛れもなく日本国の大恩人です。(勲一等瑞宝章に叙せられています。)
一度、京都の霊山護国神社に「パール博士顕彰碑」を訪ねたいと思っている今日、この頃です。
Очень понравилось, даже не ожидала.









トラックバック
 
http://nanyasore.jugem.cc/trackback/283
 
2005/05/30 6:38 PM
Posted by: 偕楽園血圧日記
亡国の偏向報道
 今朝のニュースバラエティでまた珍走団の一族であるローリング族を取り上げていた。今度は四輪車の珍走団のようなので、「危ないものは危ないと、きちんとやるのだな」と感心していて見ていたら、四輪の珍走シーンはわずかばかりで、珍走者のインタビューに行っても取
2005/05/30 9:57 PM
Posted by: 閣下の憂鬱
フン害?
先日、森岡政務次官からすばらしい名言(というか、正しい法解釈)が飛び出しましたが
2005/05/30 9:59 PM
Posted by: 依存症の独り言
A級戦犯
森岡正宏厚生労働政務官は26日の自民党代議士会で、小泉首相の靖国神社参拝を「大変良いことだ」と支持する考えを示したうえで、「極東国際軍事裁判は、平和や人道に対する罪を勝手に占領軍が作った一方的な裁判だ。A級戦犯の遺族には年金をもらっていただいており、日
2005/05/30 10:01 PM
Posted by: =社説は語る=
東京裁判 森岡発言を考える
『朝日新聞(05/05/28)』 東京裁判否定 世界に向けて言えるのか  政府の要職にある自民党議員が驚くべき発言をした。  「極東国際軍事裁判(東京裁判)は平和や人道に関する罪を勝手に作った一方的な裁判だ。A級戦犯でありながら首相になったり、外相になった
2005/05/31 1:48 AM
Posted by: SUPER-X.COM
批判や審議拒否をするお馬鹿な人達。
こんばんわ、super_xです。 TV朝日やTBSの番組では、盛んに靖国参拝発言に対し、批判的なコメントが出ている。 靖国参拝を純ちゃんが、やめても中国のイチャモンは続くのが解らないのだろうか? でわ、日曜の番組での、国会議員の先生方の発言を紹介しよう。 政権離脱
2005/05/31 9:09 AM
Posted by: 1喝たぬき
A級戦犯、国内では罪人でない
極東国際軍事裁判は魔女狩り同然であったとの意見もある。なぜなら戦争犯罪はどこの国でも犯しているものであり、勝者が敗者を裁くこと自体、卑劣な復讐劇に過ぎないからである。アメリカの原爆投下も、日独に対する無差別空爆も、ソ連のポーランド侵攻も、ベルリンにお
2005/06/01 11:38 PM
Posted by: まいっちん愚ログ
マチコは森岡正宏さんを応援しまっせ!
すっかり乗り遅れたので市原悦子のようにこっそり物陰から応援していた森岡正宏代議士ですが、ご自身のホームページに『例の』発言についてコメントを掲載しはりました。 ■「A級戦犯」をめぐる私の発言の真意と波紋 ■  私は5月26日の自民党代議士会で次のように発
2005/06/10 5:00 PM
Posted by: 憂国、喝!
極東国際軍事裁判(東京裁判)は国際法に照らし合わせると違法な裁判でした。
 極東国際軍事裁判 FLASH 極東国際軍事裁判は、国際法に照らし合わせると違法であり、戦勝国の都合で裁かれた誤りのある裁判でした。しかし、未だに自虐史観にとらわれ、その裁判を信じている方々がいます。また、信じているが為に、「当時の日本軍が残虐な
2005/06/26 10:22 PM
Posted by: 憂国、喝!
まともな発言、まだまだ日本も捨てたものじゃない^^
 「東京裁判、正しかったか」 森岡氏、議員懇でも発言 「誇りある歴史、伝統をもつ日本を次代に伝える」などをうたう超党派の日本会議国会議員懇談会(会長・平沼赳夫前経済産業相)は22日、国会内で総会を開き、首相の靖国参拝継続を支持する決議を採択した。