<< 今回は除名でしょうよ | main | さすが、中川(酒)と書かれるだけのことはある >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

人事院ってとんだ伏魔殿だったとは

谷人事院総裁「ミスター渡り」の異名 メディア操作し組織防衛
 「内閣人事・行政管理局」への機能移管をめぐり、政府と徹底対立した人事院。そのトップである谷公士(まさひと)総裁は平成13年に郵政事務次官を退任後、財団法人などを渡り歩いてきた人物で、政府・与党内からは「ミスター渡り」との声も出ている。その組織防衛への執念は徹底しており、今後も法案作成過程での抵抗をにじませる。人事院が得意とするメディアや政界への説得工作術とは−。

 「私は人事院を代表し、人事院の立場に今後もご理解いただけるように努力するつもりです」

 3日朝、国会内で開かれた政府の公務員制度改革推進本部で人事院の機能移管が決まったが、谷氏は余裕の表情を見せた。

 谷氏は昭和39年に郵政省に入り、平成10〜13年に郵政事務次官を務めた。退官後は同省所管の財団法人「郵便貯金振興会」(現ゆうちょ財団)理事長へ天下りし、同時期にさらに2つの財団法人の理事長を兼任。15年6月には有料CS放送の関連会社会長となり、16年4月に人事官に就任、18年4月から人事院総裁を務めている。
長く折衝してきた甘利明行政改革担当相は「あんな不(ふ)遜(そん)な官僚は見たことがない」と憤りを隠さない。甘利氏が話をしようとしても、谷氏は「事務方と同じ見解ならば会う必要はない」と面会を度々拒否。交渉過程では、甘利氏との電話での会話を無断で録音するなど抵抗戦術を続け、「われわれを総務省や財務省などと同列にしないでほしい」と言い放ったという。

 谷氏が強気の姿勢を崩さない背景には、人事院の特殊な身分制度がある。総裁を含む人事官3人は弾劾裁判でなければ罷免されず、閣僚の意向を気にする必要はない。加えて人事官は国会同意人事なので、総裁が辞任すれば新たな人選は困難を極める。

 メディア対策も秀でている。甘利氏との直接折衝の度に、谷氏らは担当記者に入念な説明を行い、人事院側の主張を展開。3日の決定までに計5回の記者ブリーフを行ったほか、論説委員へも説明会を続けた。

 また、昭和28年以降、人事官3人のうち1人は報道機関の幹部経験者の指定ポストで毎日、朝日、読売、NHK、日経の退職幹部が歴任してきた。閣僚経験者は「報道機関が人事院を批判できるわけがない」と打ち明ける。

 谷氏は4日朝、民放情報番組への生出演を決めた。いよいよ反撃ののろしを上げたといえるのではないか。(田中靖人)

 さすが、産経! 人事官のポストが回ってこない(笑)から、こんなカラクリを見事に披露していますね。

 人事院って独立していて公明正大かと思っていたんだけど、独立機関をいいことに、とんだ伏魔殿になっていたんですね。
 こんなところに"妖怪"が住んでいたとは・・・

 これこそ、行政改革の抵抗勢力ではないか!
 また、例の政令の時のみたいに官僚に骨抜きにされないように、国民は「内閣人事・行政管理局」設立の経過を監視しないとね。

 産経も人事院からの甘い誘いに乗らないようジャーナリズム精神を発揮してほしいです。

 さて、ミンスの出方に注目しますかねぇ・・・
 
posted by: Nanyasore | 麻生内閣 | 09:31 | comments(6) | trackbacks(5) |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 09:31 | - | - |
コメント
 
2009/02/07 11:05 PM
Posted by: ASSO
支持率の低迷する麻生内閣は人事院を抵抗勢力に仕立て上げ改革派を演じているようである。それに政府寄りの記事を書くいつもの某新聞社がまた悪のりしたようだ。
公務員制度改革は本来、幹部公務員の管理一元化や天下りの根絶が目的である。それなのに、労働基本権が剥奪されている一般公務員に関する業務を行う人事院からの機能移管は全くの筋違い。基本権問題が解決してから考える問題である。
ところで、人事院の人事官は法律により有識者から任命することと定められているが、政府の各種有識者会議等には報道関係者が入ることは一般的である。これは政策により国民の声を反映させるため報道関係者のセンスに期待しているからで、いちいち関係者がいる程度のことで提灯記事を書いていたら新聞など持たないだろう。この某新聞社の関係者もいろいろな諮問会議のメンバーになっているのではないか。
また、国の機関が報道機関向けに記者会見をこまめに行うことは当たり前で、むしろそれは報道機関が期待していることである。だから、報道機関は省庁ごとに記者クラブを作っている。もちろん、この某新聞社も入っている。
この新聞社は、このような客観性に欠ける記事や「ミスター渡り」などの個人攻撃で、問題の本質から国民の目をそらし、人事院を改革への抵抗勢力とすり替えているが選挙目当てのプロパガンダ甚だしい。
このような、少し考えれば見破れるような提灯記事に騙されてしまう国民も国民だが、人事院には中立第三者機関として、また末端公務員の味方として今こそその真価を発揮してほしい。
2009/02/13 10:43 AM
Posted by: Nanyasore
ASSOさん、ようこそ。
 麻生内閣の支持率を低下させているのは、マスゴミの仕業でしょ。
つまらないことばかり揚げ足を取って、やっていることの良いことなど一つも報道しない。

 提灯記事とのことですが、その根拠は?
 やがてわかってくることかも知れませんがねw

 それと記者クラブって、官と報道の癒着の象徴じゃないですか?(大笑)
 記者クラブに入っていない報道機関や不利なことを書いた報道機関には出入り禁止や情報を提供しない・・・官のやりそうなことだwww

 人事院もご多聞に漏れずって、とこじゃないですかね?


 まあ、仰ることは公務員の言い分の教科書的なこと、あくまで公務員としての立場での主張、それはそれでいいと思いますよ、でも、国民はそんなことを望んでいるとは思えませんがね。
2012/10/18 2:46 PM
Posted by: トリーバーチ バッグ
今日は よろしくお願いしますね^^すごいですね^^
2015/02/12 3:53 PM
Posted by: Geraldo
It’s the best time to make some plans for the future and it’s time to be happy. I’ve read this post and if I could I desire to suggest you few interesting things or suggestions. Perhaps you can write next articles referring to this article. I desire to read more things about it!
2015/02/12 4:43 PM
Posted by: Buddy
Terrific post but I was wanting to know if you could write a litte more on this subject? I’d be very grateful if you could elaborate a little bit further. Cheers!
2015/04/25 5:31 AM
Posted by: Rayford
You’ve made some good points there. I looked on the internet to learn more about the issue and found most people will go along with your views on this web site.









トラックバック
 
http://nanyasore.jugem.cc/trackback/1091
 
2009/02/08 6:53 PM
Posted by: すきま風
マスコミの天下り先?天上り先?は人事官w
谷人事院総裁「ミスター渡り」の異名 メディア操作し組織防衛 (2/2ページ) - MSN産経ニュース via kwout また、昭和28年以降、人事官3人のうち1人は報道機関の幹部経験者の指定ポストで毎日、朝日、読売、NHK、日経の退職幹部が歴任してきた。閣僚経験者は「報
2009/09/22 4:30 AM
Posted by: -
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
2009/09/23 5:10 AM
Posted by: -
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
2009/09/23 11:00 AM
Posted by: -
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
2009/09/23 5:02 PM
Posted by: -
-
管理者の承認待ちトラックバックです。