<< キタキタアサピーの印象操作 | main | なぜ戻す? >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

つける薬がないとはこのことか?

聯合ニュース:町村官房長官の「独島訪問不適切」発言、政界が反発
【ソウル30日聯合】町村信孝官房長官が29日、同日の韓昇洙(ハン・スンス)首相の独島訪問に「適切でない」との反応を示したことに対し、政界は「内政干渉」との批判を強めている
 ハンナラ党の尹相現(ユン・サンヒョン)報道官は30日に論評を通じ、町村官房長官の発言は「妄言」であり「挑発」だとし、「明白な内政干渉であり、非常に危険な発言」だと主張した。「われわれが自国の土地を訪れるのに何の問題があるのか」としながら、日本の首相や閣僚が日本の土地を訪問した際に韓国が問題視したことがあるかと反問した

 続けて、「韓日関係が偽りのない新時代を開くためには、日本が独島への野心そのものを捨てれば良い」とし、表では未来志向的な新時代をうんぬんしながら、裏では歴史歪曲(わいきょく)や領土主権侵害で両国関係の足を引っ張るというやり方をすぐさま中断すべきだと主張した。

 一方、民主党の金裕貞(キム・ユジョン)報道官も同日の会見で、「日本の反応は度を越している」と指摘、こうした態度を座視できないと述べた。

 漫才ネタとしか言いようがない内容ww
 突っ込むところが多すぎw
 一言で突っ込むなら、「お前が言うな!」ってところだけどw


 <`∀´> 内政干渉ニダ!  
 (´Д`) 火事場泥棒が言うなって! 日本の教科書に干渉しておいてどの口がそれを言う!

 <`∀´> われわれが自国の土地を訪れるのに何の問題があるニカ?
 (´Д`) 不法占拠した日本の土地に勝手に入るなと言っているだけなんだけど

 <`∀´> 日本の首相や閣僚が日本の土地を訪問した際に韓国が問題視したことがあるニカ?
 (´Д`) 靖国神社は日本国内にありますが?

 <`∀´> 裏では歴史歪曲(わいきょく)や領土主権侵害で両国関係の足を引っ張る
      というやり方をすぐさま中断するニダ!

 (´Д`) はいはい、その言葉そのままお返しするよ 

そして、極めつけは最後の捨て台詞

 <`∀´> 日本の反応は度を越しているニダ!
 ( ゜Д゜) ポカーン・・・・  


竹島ネタ、面白すぎw 最近こればっかりだ(笑)
posted by: Nanyasore | 竹島問題 | 15:02 | comments(3) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 15:02 | - | - |
コメント
 
2008/07/30 5:29 PM
Posted by: ST
 引用記事全部赤字でOKだったのでは?(笑)。
 矢継ぎ早の更新、面白がってますねー、私もだけど(笑)。
 あ、「ヤブヘビ」コメントも私でした、名前入れるの忘れました、はい、その通り、面白がってます。
 惜しむらくば、アカピーの様に「日本が悪い」風に印象操作するマスゴミ、こんな面白い話題をスルーするマスゴミばっかりなこと。
 特亜の正体に気づいた人には漫才ネタですが、「日本は昔悪いことをした」と未だに思っている人は印象操作に引っ掛かりますからね。
 正直、Kの国に関する限り、身中の虫の方が危険ですからね。
2008/07/30 11:25 PM
Posted by: ケンジ
こんぬつは

犬殺したり、雉殺したりで、エンコリでは「桃太郎w」という突っ込みがありました。w

隣の国を知らなかった日本人も少しは異常さに気づきつつあるか、と思えば良い兆しとも思うのですが、ただ問題は「厳選!韓国情報」にもありましたが、

>また別の日本人は「何も分からないのですが」という手紙で「日本は過去の歴史を反省して
謙虚な姿勢で知恵を出しあい、韓国とともに歩んでいけたらいいと思う」と書いていた。

こういう己の無知を棚上げにして表面だけ丸く収めようという「自称善人」はどうにもならんですばい。
2008/07/31 10:17 AM
Posted by: Nanyasore
STさん、ようこそ。
 確かに全部赤字ものですwはいw

後半のご懸念は私も常に思っています、呪縛が解けない日本人多いですから・・・未だに教育現場でそういう日本人を生産していますからねぇ(鬱)

ケンジさん、ようこそ。
 桃太郎(爆)
 ということは次は・・・以下略

 STさんの懸念と同じですね
 在日、左翼による意図的な書込みかも知れませんが・・・
 そういう奴らって、書き逃げしてレスポンスしないか、コメント欄閉鎖しているかでわかりますがw
 
 









トラックバック
 
http://nanyasore.jugem.cc/trackback/1045