<< そんな奴らいらん | main | ネ、ネタですか 笑 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

抜け穴はないの?

国家公務員制度改革基本法案の修正案が衆院を通過
 幹部公務員人事の一元管理導入などを盛り込んだ国家公務員制度改革基本法案の修正案は、29日午後の衆院本会議で、自民、民主、公明、社民の4党の賛成多数で可決された。

 参院での審議を経て、今国会で成立する見通しだ。

 修正案では、幹部人事の一元管理について、<1>担当組織を政府案の「内閣人事庁」から、内閣官房に置く「内閣人事局」に格下げ<2>官房長官が作成する幹部人事原案をもとに、各閣僚が首相や官房長官と協議のうえ任免を行う――とした。

 国会議員と公務員の政官接触制限の導入は見送り、接触の記録作成や情報公開で透明性を確保する。

 給与水準などの労働条件を労使で決める団体協約締結権を付与する公務員の対象拡大については、政府案では「検討する」にとどめていたが、「自律的労使関係制度を措置する」とし、踏み込んだ表現に改めた。
(2008年5月29日13時58分 読売新聞)

 これで、国益よりも省益しか考えないキャリア達を排除できるのだろうか?
詳しく吟味していないが、内閣官房が人事権を握ることで少しは政治主導になったと評価できるのでしょうね
posted by: Nanyasore | 国内 | 14:23 | comments(0) | trackbacks(1) |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 14:23 | - | - |
コメント
 









トラックバック
 
http://nanyasore.jugem.cc/trackback/1020
 
2008/05/30 9:49 PM
Posted by: 偕楽園血圧日記
幇間が多すぎる
 先日、出先で入った店で流れていたラジオで、勝谷氏が立て板に水のごとく「政権交代で日本を変える。民主党に政権を渡すべきだ」論をぶっていた。「外国人参政権なんて小異は捨てて〜」だと。  何を言っているのだろうか、この見苦しい太鼓持ちは!  氏は盛んに「