<< 救援隊の無念はいかばかりか | main | キモはそこじゃないよ >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

当たり前のことなのだが・・・

日本救助隊の犠牲者への黙とう、中国で絶賛
 【北京=杉山祐之】四川大地震被災地での活動を終え、21日に帰国する日本の国際緊急援助隊救助チームが、中国で絶賛されている。

 生存者救出こそならなかったが、整列して犠牲者に黙とうをささげた1枚の写真が、中国人の心を激しく揺さぶったためだ。

 この写真は、援助隊が17日、四川省青川県で母子の遺体を発見した時のもので、国営新華社通信が配信、全国のネットに転載された。

 「ありがとう、日本」「感動した」「かっこいいぞ」……インターネット掲示板に賛辞があふれた。犠牲者数万人、遺体は直ちに埋葬という絶望的状況に圧倒されていた中国の人々は、外国、しかも、過去の「歴史」から多くが嫌悪感を抱く日本の救援隊が、二つの同胞の命にささげた敬意に打たれた。

 「大事にしてくれた」ことへの感謝と同時に、失われた命もおろそかにしない姿勢は、「我々も犠牲者に最後の尊厳を与えるよう努力すべきだ」(新京報紙の論文)という、中国人としての自省にもつながった。

 ネット掲示板は元来、「反日」の温床だが、日本隊の黙とうで、「対日観が大きく変わった」との声も寄せられている。強硬派らしい人物は「日本と戦わなくてはならない時は全力で戦う」と記した後、「だが、日本人が助けを必要としている時には必ず行く」と続けた。「とっとと出て行け!」という反日的な声には即座に非難が集中した。
(2008年5月21日01時49分 読売新聞)

 日本では死者への敬意と弔いの礼はごくごく当たり前のことではないかな。
たとえ極悪人でも「仏」となった以上、それを手厚く葬ったりする。
 それが日本の文化だから日本人としては当たり前なんだけど、支那は死人となっても墓を暴いて死体を陵辱するから・・・そういう文化を持つ側からすると、すごいことに映るんだろう・・正直、絶賛されるほどのことでもないと思うよ

 日本の文化を知ってもらうには、今回の救援隊の活動は良かったのかも知れない。
靖国神社へ参拝する日本人の気持ちを少しでもわかってくれたらねぇ・・・

国際緊急援助隊救助チームの皆さん、本当にお疲れ様でした


posted by: Nanyasore | 天災 | 10:13 | comments(2) | trackbacks(1) |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 10:13 | - | - |
コメント
 
2008/05/22 8:59 PM
Posted by: ステイツグロウ
 日本隊は日本人として普通のことをしたまでですが、それを見た中国人が「俺たちが教えられた日本人と違う」と思ってくれればいいのですが。
 そうなれば「日中戦争時の残虐な日本軍」にも疑問を持って、調べてみると実は「いわれている事はすべて自分たちの価値観で考えたことだった」となるのですが……チベット人が自由を求めただけで普段疑問を持っている中共の発表を「政府が正しい!」としてしまうようでは期待するだけムダでしょうか(ため息)。
2008/05/23 11:46 AM
Posted by: Nanyasore
ステイツグロウさん、ようこそ。
 中国国内で調べるには限界があるでしょうね、たとえ真実がわかったとしても個人としてそれを表明できない・・・やはり民主化後でないと、言論の自由のない中国では限界がありますね(溜息)









トラックバック
 
http://nanyasore.jugem.cc/trackback/1014
 
2008/05/22 10:41 AM
Posted by: 癒(IYASHI)
■中国;「日本人に学べ」「感謝忘れない」・・・・・四川大地震!
「【北京=福島香織】四川大地震の被災地に日本の国際緊急援助隊が派遣されたことで、中国での対日世論が改善している。重慶の日本総領事館には市民のお礼の電話が寄せられ、ネット上では愛国主義青年の書き込みの中に「感謝」の文字が躍る。中国各紙も好意的に報道し