<< 支那は天災を人災に変えつつあります | main | 人命なんて考えてないな >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

何を今更・・・

日本政府派遣の救援チーム受け入れへ、中国外務省が発表
 【北京=佐伯聡士】中国外務省は15日、日本政府が派遣する救援チームを四川省の地震被災地に受け入れると発表した。

 これまで、日本の要員派遣については、中国側が「必要ない」として慎重な姿勢を示していた。

 地震の被害が当初の予想以上に深刻な事態になってきたことや、自力での救援活動の遅れに対して国内外で批判が強まるのを避ける狙いがあるとみられる。
          ◇
 政府は15日、四川大地震の被災地に国際緊急援助隊の派遣を決めた。中国政府から同日昼、外交ルートを通じて派遣要請があった。消防庁や国際協力機構(JICA)などが準備を進めている。
(2008年5月15日13時22分 読売新聞)

 遅すぎる、遅すぎるんだよ!!!
何のために、温家宝が現地に入ったんだ!?
被害の規模を把握して、迅速な救援活動を軍隊や警察に指示するためだろ?
拡声器で励ましたり、被災者の慰問なんて現場の人間に任せてればいいんだよ
今頃、軍のヘリ90機投入って遅すぎ(当初は20機だって・・・ぉぃぉぃ)
それを今更、外国に助けて下さいだと? ボンクラ温家宝!!人殺しの中共め!

報道で伝わってくる中国人民の嘆きを聞いていると、切なくなってくるよ (´・ω・`)

ひょっとして、これが民主化の引き金になるのかも・・・・
posted by: Nanyasore | 天災 | 14:17 | comments(6) | trackbacks(1) |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 14:17 | - | - |
コメント
 
2008/05/15 2:35 PM
Posted by: ST
>自力での救援活動の遅れに対して国内外で批判が強まるのを避ける狙いがあるとみられる。

中国当局が言ったわけじゃないでしょうが、そう見られるでしょうね。
とは言え、経験豊富な日本チームが参加することになったことは良かった、と思いたいですが、存分に活躍させてくれるんでしょうね?ポーズで受けれるだけ受け入れて、現場で蚊帳の外なんてことは無いでしょうね?
2008/05/15 4:08 PM
Posted by: KYANN
すでに72時間が経過してこれから死者がどんどん増えることが予想され・・・。
助からなかったのを日本のせいにするつもりじゃ・・と思ってしまう自分がいる。
2008/05/15 4:12 PM
Posted by: Nanyasore
STさん、ようこそ。
>現場で蚊帳の外なんてことは無いでしょうね?
 その可能性は十分考えられますね
今頃言っても、遺体回収班になるだけじゃないかと危惧します

 こういう交通手段が途絶したところには、兵站機能があり自己完結している自衛隊が行くのが一番いいんですけどね・・・
2008/05/15 6:40 PM
Posted by: Nanyasore
KYANNさん、ようこそ。
 生存の可能性は少なくなってきましたね

>助からなかったのを日本のせいにするつもりじゃ
 あり得そうですね
 行ったとしても重機がなければ難しいのではないかと・・・
2008/05/15 10:42 PM
Posted by: ケンジ
こんにちは
相変わらず、自国民の生命は虫けらのように軽い国ですね。ミャンマーにしても外国の救援隊は入国させないみたいですし、軍事独裁国家は対応まで同じなんだなと思って見てました。
今さらレスキュー入れても残るのは「外国の救援部隊を入れた」という記録だけでしょうな。
哀れなのは国民ですね。
2008/05/16 1:48 PM
Posted by: Nanyasore
ケンジさん、ようこそ。
 共産主義ってどうして軍事独裁を生むんでしょう・・・ミャンマーしかり北朝鮮しかり
 労働者階級をいじめて何が共産主義なのか、わけわからんです

 人民はいつまで我慢するのでしょうか・・・不満は中共にお願いしますね

 それにしても、人命を軽視し共産党の保身を謀ろうとする中共の腹黒さが許せないです









トラックバック
 
http://nanyasore.jugem.cc/trackback/1009
 
2008/05/15 8:36 PM
Posted by: 癒(IYASHI)
■中国・四川大地震支援・・・偏った愛国心でなく、助合精神を植付ける支援を!
被害地域は日本の面積並みの隣国の大災害を黙ってみている分けにはいかないだろう。、災害と同時に世界各国からの物・金が続々送られる。それにも関わらず救援隊等を拒み続けてきた中国は遅まきながら3日目にしてやっと人的応援を要請が始まった。他国に先んじて日本は