<< 鬼畜に死刑判決 | main | みんなで監視しようあいつらを >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

アサピーから香ばしい記事が

「戦後の朝鮮人学校閉鎖は人権侵害」 救済申し立てへ
2008年04月23日
 戦後まもなく、植民地支配から解放された在日朝鮮人たちがつくった朝鮮人学校に対し、文部省が48年に児童らの日本の学校への就学や日本語教育の義務づけを通達するなどして、閉鎖に追い込んだのは不当な人権侵害に当たるとして、大阪府や埼玉県に住む当時の教員や児童が24日、日本弁護士連合会人権擁護委員会に人権救済を申し立てる。

 連合国軍総司令部(GHQ)が「非常事態宣言」を出すほど抵抗が激しかった兵庫と、警官隊の発砲で在日朝鮮人が死亡した大阪の運動は「4・24阪神教育闘争」と呼ばれ、60年の節目に向け、市民団体が関係者からの聞き取りなど準備を進めていた。

 申し立てるのは、大阪府東大阪市の住職、金蒼生(キム・チャンセン)さん(66)ら数人。「通達などによる学校閉鎖は、民族的集団を破壊する意図で児童を集団的、強制的に移動することを禁じたジェノサイド条約に違反する」と主張。運動への弾圧についても、国の責任の明確化を勧告するよう求める。

 同調査団などによると、朝鮮人学校は、戦時中の使用禁止などで母国語を話せなくなっていた在日朝鮮人たちが、民族の言葉を取り戻そうとつくった。48年時点で約6万人が学んでいたが、GHQと日本政府は、日本の学校教育法を無視した「治安問題」ととらえて通達を出し、各都道府県は学校閉鎖などを命令。53年までに約4万人が日本の学校に移ったとされる。

 こんな60年前の今更どうでもいいことをほじくり返して記事するところがアサピーらしくていいですね(正常運転です 笑)
 そんなアサピーのどうでもいい記事を取りあげるσ(^^) ワ・タ・シも私ですが、当時の朝鮮人がいかに独立回復前の日本で酷いことをしたかということを、今の日本人に知ってもらういい契機ですので取りあげてみますた。
 当時の朝鮮人の暴惹無人ぶりは、下記のリンクに詳しい
 阪神教育事件 - Wikipedia
 何故「三国人」が差別用語になったのか
  阪神教育事件前後の朝鮮人騒乱事件がてんこもり 
  過去にこのようなことをしておきながら、謝罪するどころか逆に謝罪や賠償、
  権利を主張するから日本人は嫌うのです(全くもって差別ではない)

 当時の日本はGHQの支配下で主権は回復していません
 学校閉鎖令はGHQの命令によるもの(当時、この手の教育現場は共産主義者が牛耳っていたので、当然と言えば当然でしょう)
 60年前の人権侵害の救済?はぁ? 当時の人権を現代の人権感覚で裁けとでも言いたいのかね?
  朝鮮名物「事後法の遡及適用ケンチャナヨ」ですか?
  どうでもいいけど、時効って概念ないのか?
  来年は61周年ですね? 今日4/24はその記念日ですよね 嘲笑
  「忠武公・李舜臣(イ・スンシン)生誕463周年記念祭」という祭りを中途半端な年にやるぐらいだから、来年もやりそうだw

いろいろ突っ込み所満載なのですが、最後に
  ジェノサイド条約って・・・・主権がなかった日本にどうしろと?
  しかも今現在もこの条約を、日本は締結も批准もしてませんが(大笑)
posted by: Nanyasore | アサピー | 16:59 | comments(2) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 16:59 | - | - |
コメント
 
2008/04/24 1:57 PM
Posted by: ST
東大阪市の「住職」金蒼生って…、マジっすか、ウチの菩提寺の住職が朝鮮人や中国人に代わったりしたら嫌だなぁ、菩提寺を替えるって簡単にはいかないから…。
今でさえうざったいのに、人権擁護法なんてもし成立したらこういう手合いは元気百倍でしょうね…寒気がしてきた…メールやFAXでは手ぬるいかな。
2008/04/25 9:38 AM
Posted by: Nanyasore
STさん、ようこそ。
 日本人と同じように暮らしている在日なら特に問題にはしないんですけど、民族がどうのこうのとか、こういう荒唐無稽な主張をしている所を見ると、住職以前に真っ当な仏教徒ではないですね。胡散臭い仏教新派じゃないんですかね?
 甲賀幻妖斎(古!)の「金目教」ならぬ、「金日教」とか・・・









トラックバック
 
http://nanyasore.jugem.cc/trackback/1002