<< 支那工作員、活躍中! | main | アサピーから香ばしい記事が >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

鬼畜に死刑判決

光市母子殺害判決、主文後回しで厳刑か…広島高裁
 1999年4月、山口県光市の会社員本村洋さん(32)方で、妻の弥生さん(当時23歳)と夕夏(ゆうか)ちゃん(同11か月)が殺害された事件で、殺人や強姦(ごうかん)致死罪などに問われた元会社員(27)(犯行時18歳1か月)の差し戻し控訴審判決が22日午前、広島高裁で始まった。

 楢崎康英裁判長は、主文を後回しにし、判決理由の朗読から始めた。主文では厳刑が予想される。

 1審・山口地裁、2審・広島高裁判決は、検察側の死刑求刑に対し、元会社員の犯行時の18歳という年齢や、更生の可能性などを理由に、それぞれ無期懲役を言い渡した。しかし、最高裁は2006年6月、「特に酌むべき事情がない限り、死刑を選択するほかない」と2審判決を破棄し、審理を同高裁に差し戻した。

 差し戻し審で、検察側は「極刑以外に選択の余地はない」と改めて死刑の適用を求めた。一方、弁護側は元会社員が1、2審で認めた殺意や強姦目的などを一転、否認し、「著しく精神的に未発達な少年による偶発的な事件」などと傷害致死罪を主張していた。
(2008年4月22日10時16分 読売新聞)

最高裁の「特に酌むべき事情がない限り、死刑を選択するほかない」って、事実上の死刑判決だからね
 最高裁は事実審ではなく法律審だから、特に酌むべき事情云々の事実については審理しないので差し戻して高裁で審理を尽くさせた(本村さんには酷だけど)
 これでもかと言うぐらい慎重に手続を踏むことによって、死刑判決を下す(適正手続の保障)
事実審はこれにて終了、上告しても憲法違反や法律違反、その他特別なことがない限り、上告棄却で死刑確定だ

 さようなら、鬼畜君 "ひょっこり顔をだす"なんて不可能になったね
 特別に刑務官に頼んで、絞首の縄はチョウチョ結びにしてもらって、
 それでも死んでしまったらドラえもんに頼んで生き返らせてもらうがいい

 ただ一つ鬼畜君に臨むこと、それは死刑確定後は執行までに事件の真相を手記でもいいから明らかにしてほしい・・・できれば悔い改めてほしいが

【追記】
 楢崎康英裁判長の指摘
 楢崎裁判長は、その信用性について「起訴後、6年半以上経過してから新供述を始めたのは不自然。死刑回避のための虚偽供述で、酌量すべき事情を見いだす術(すべ)がなくなった」と指摘した。弥生さん殺害について「右手で首を押さえて死亡させた」とする元会社員側の主張を「遺体の状況と整合しない」と退け、強姦については「性的欲求を満たすためと推認するのが合理的。女性が生き返るという発想は荒唐無稽(むけい)で到底信用できない」と、計画性も認定した。夕夏ちゃん殺害の殺意を否認する供述の信用性も否定した。

 犯行について「極めて短絡的、自己中心的で、結果は極めて重大」と指摘したうえで、死刑を回避すべき事情があるかを検討。事実認定を争う差し戻し審での元会社員の態度について、「自分の犯した罪の深刻さと向き合うことを放棄し、死刑回避に懸命になっているだけで、遺族への謝罪は表面的。反省謝罪の態度とは程遠く、反社会性は増進した」と述べ、「18歳になって間もない少年であると考慮しても極刑はやむを得ない」と述べた。

 裁判長殿、いちいちごもっともでございます
弁護団の作戦は全くの裏目と言うことですね
最高裁のお墨付き(酌むべき事情がなければ死刑)があったので、死刑判決は出しやすかったのでしょう
posted by: Nanyasore | 憤懣 | 11:23 | comments(7) | trackbacks(2) |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 11:23 | - | - |
コメント
 
2008/04/22 12:48 PM
Posted by: mag
http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp0-20080422-351191.html

死刑判決が出たようですね。

ある意味で弁護団は長期化しただけで「反死刑」論者やこの「少年」に対しての嫌悪感を煽っただけでしたね。

それにしても不謹慎でもありますが、「良かった」と思います。
この弁護団の主張が通らなかったことに対して、本当に「良かった」と安心しました。
2008/04/22 4:05 PM
Posted by: Nanyasore
magさん、ようこそ。
 裁判長が仰っていることがすべてですね、よかったです。
 弁護団の作戦が裏目に出て、ざまあみろと言った気分です、死者を冒涜するのもいい加減にしろと。
2008/04/22 4:36 PM
Posted by: ST
過去の判例にとらわれず、情状酌量の余地の無い凶悪犯罪に適正な判断が下りましたね、裁判員制度の導入を前にこの判決が出たことに意義があると思います。
鬼畜弁護団の作戦が完全に裏目に出たことも裁判長の言葉から読み取れますね、そういう意味でも意義がある判決だったと思います。
2008/04/22 5:59 PM
Posted by: Nanyasore
STさん、ようこそ。
 本来なら当たり前の判決が当たり前に出ただけなんですけど、死刑反対論者が遺族の心情を無視し、死者の名誉を踏みにじって、余計なアジテイトをするからこうなるんですよね。

>鬼畜弁護団の作戦が完全に裏目に出たことも裁判長の言葉から読み取れますね
 「反社会性が増進した」ですね、裁判長(正確には裁判官3名の合議体)の怒りが感じ取れますね 
2008/04/23 8:05 PM
Posted by: ケンジ
こんにちは
ついに死刑判決ですね。本村さんにとっては長い長い戦いだったと思います。それにしても常に毅然とし、理性をもっての受け答えにはいつもながら頭が下がる思いでした。犯人が死刑になってももとの生活が戻るわけではありませんが、鬼畜がのうのうと生きる権利など考えただけでもおぞましいです。
本村さんには静かな生活に戻っていただきたいです。
2008/04/24 1:21 PM
Posted by: Nanyasore
ケンジさん、ようこそ。
 そうですね、本村さんにとってはやっと一区切りといったところでしょうか
 鬼畜が死刑になったとしても、妻と娘が帰ってくるわけでもなく、さらに死者が一人増えるだけで・・・
 その辺りの本村さんのコメントはすばらしかったですね
2015/04/24 7:58 PM
Posted by: Elliott
Thanks , I’ve just been looking for info about this subject for ages and yours is the greatest I’ve came upon till now. But, what concerning the bottom line? Are you positive concerning the supply?









トラックバック
 
トラックバック機能は終了しました。
 
2008/04/22 4:35 PM
Posted by: 加賀もんのブログ
【母子殺人】時事雑感【聖火リレー】
山口県光市の母子殺人事件の差し戻し審において、被告人に死刑判決が言い渡された件と マレーシアで行われていた北京五輪の聖火リレーにおいて、 日本人家族が多数の中国人に集団暴行を受けた件についての雑感。 【光市母子殺害】被告に死刑宣告 新供述は「不自然、不
2008/04/23 12:50 PM
Posted by: BBRの雑記帳
[山口母子殺害事件]予想された判決ではあった
当ブログでは最高裁の弁論の頃から2年余りにわたって10件以上のエントリを続けてきたこの裁判。事件発生からは9年余り。死刑の主文はこれが初めてです。 検察の上告によって判決を下した最高裁は、第1審判決の量刑を是認した差し戻し前控訴審判決は刑の量定が